ビットコインって一体なに?

初心者の方へ

最近よく耳にする「ビットコイン」という言葉、みなさんはご存知でしょうか?

今回は「最近よくニュースやインターネットで見かけるビットコインって一体何なの?」という疑問を持つ方のためにビットコインについて詳しく紹介していこうと思います。

ビットコインとは?

貨単位 BTC
取引開始日 2009年01月3日
承認アルゴリズム Proof  of Work
ブロック生成サイクル 約10分後
発行上限量 2100万BTC

誕生と歴史について

ビットコインとは、2008年にSatoshi Nakamotoという人物の名前で発表された論文をもとに、世界中の人々によって作られた通貨です。

またビットコインはインターネットが世界に普及したことで誕生した、新時代の通貨革命だともいわれています。

ビットコインは仮想通貨

このビットコインがいわゆる「仮想通貨」と呼ばれるものです。

「仮想の」「通貨」と言われていることからも分かる通り、ビットコインはお金です。

また、お金なので円やドルのように通貨の単位が存在します。

ビットコインの通貨単位

ビットコインの単位はBTC(ビーティーシー)と表記されます。

ビットコインの特徴

*世界初の暗号通貨
*世界中の何処にいても即座に送金することが可能
*特定の管理組織が存在しない「非常識な通貨」
*発行上限枚数が決まっている

世界初の暗号通貨

上記でも説明しましたが、2008年にナカモトサトシと名乗る人物がインターネット上にビットコインについての論文を公表しました。ナカモトサトシは日本人なのか外国人なのか、あるいは本名なのか偽名なのかは分かっていません。

実際プロトタイプのプログラムを、2009年にネット上に上げたのが全ての始まりでした。それを見た世界中のプログラマーやハッカーたちが、興味を持ち反応してどんどん改良を加えていきました。

その結果現在流通しているビットコインは、当初のプログラムから90%以上変わりました。世界中のプログラム技術が集約された結果、現在ではほぼ別ものになっています。その出来ばえは芸術ともいえるほどでした。

世界中の何処にいても即座に送金することが可能

ビットコインはアドレス発行すれば世界中の誰から誰にでも、即座に無料で送金する事が出来ます。(有料の場合もあります)

例えば日本からブラジルにお金を送金するには本来であればかなり時間や手数料がかかってしまいます。しかしビットコインで送金する場合だとスピードが段違いの上、手数料もほぼかかりません。

ビットコインの大きなメリットと言えるでしょう。

特定の管理組織が存在しない「非常識な通貨」

ビットコインは中央での管理を行わない代わりにコンピューターのネットワークを利用して通貨を管理する仕組みになっています。

日本円や米ドルなど法定通貨は中央銀行や国が管理しており、クレジットカードなどは金融機関が責任者となって管理してきました。

ビットコインはそのような管理主体がありません。

そのビットコインを維持・管理するために非常な大切なシステムの事をP2P(分散型ネットワーク)と言います。

*P2Pネットワークとは

Peer to Peer、P2Pともいわれ、スカイプにも使われているネットワークシステム。ネット上で対等関係の端末同士で回覧板を回すように情報交換する通信方式のこと

ビットコインはこのP2Pで、取引データを共有しています。

どこかのサーバーが一元管理をしているわけではなく、取引データの塊であるブロックチェーンと呼ばれる台帳が世界中のコンピューターに分散されているのです。

*ブロックチェーンとは

過去のビットコインの取引記録がすべて記載された台帳のようなもの。

上記の特徴により今までの中央集権システムのデメリットである

  • 取引データが消えてしまう
  • ハッキングにあいやすい
  • 取引データの偽造
  • 組織の運営コストが高い

という問題点を解決に導く事ができるのです。

ビットコインは取引履歴の全てが世界中に分散しているので破壊することはほぼ不可能です。そのため、ある意味最も強固なシステムともいえるでしょう。

発行上限枚数が決まっている

ビットコインでは、発掘量に上限が決められています。

その総量は『約2,100万BTC』であり、徐々に発掘量を減らしながら2140年頃まで発掘作業が続くとされています。

というのも、ビットコインにはその価値を担保する機関がなく、とても値動きの激しい通貨となっています。そのため、発行量過多による『デフレ』の影響も受けやすいと予想されています。ビットコインでは、そういった要因による価値の暴落を防ぐため、発掘量に上限があらかじめ決められています。

また、このような『有限』という性質や『国に依存しない』『年々発行量が減る』という性質から、ビットコインは度々『金』のように例えられます。ビットコインの発行作業が『発掘(マイニング)』と呼ばれるのも、『金』の発掘作業に例えられてのものです。

ビットコインと日本円の違い

ビットコインと日本円の違いを簡単に説明していきます。

大きく分けると4つの違いが存在します。

*管理者が不在
*通貨の発行方法
*海外送金
*利用範囲

管理者が不在

日本円の場合は日銀(日本銀行)と呼ばれる中央銀行が貨幣を発行・管理しています。

しかしビットコインは発行主体(中央銀行)が存在していません。

特定の機関や誰かに管理されているものではなく、複数のプログラマー達が通貨の価値・正当性を保証しあっているのです。

日本円の場合貨幣を理論上無限にすることが可能ですが、ビットコインは最大発行量が決められているため無人層に通貨を発行できません。(ビットコインは2100万BTCが発行上限となっています。

簡潔にまとめると、

 ドルや円などの通貨 国家・政府が管理している
ビットコイン 管理主体は存在せず、プログラムが管理

ということになります。

通貨の発行方法

円やドルの場合は国家が通貨を発行します。

しかし仮想通貨の場合は採掘(マイニング)と呼ばれるビットコインの取引記録の追記作業に対して報酬が支払われるますが、これがビットコインの新規発行方法なのです。

海外送金

日本国内の銀行を利用した海外送金では手数料に数千円が必要となるのに比べて、ビットコイン(Bitcoin)による海外送金手数料は現在100円から200円程度となっています。

今まで銀行から海外送金を行っていた場合、1万円を送金しようと思っても手数料によって実質7,000円程になってしまっていたものが、ビットコイン(Bitcoin)を利用することで大幅に海外送金手数料を抑えることができるのです。

海外送金を銀行窓口やネットバンク上で行おうとすると難しい手続きなどがあったりしてスムーズに海外送金手続きが進まなかった経験がある方も多いでしょう。

ネットバンクでも3日以上時間がかかってしまうこともあります。

しかしビットコインで海外送金をする場合は24時間いつでも海外送金が可能で、海外送金手続きをしてから送金が完了するまで0分から1時間程しかかかりません。

利用範囲

日本円や米ドルはその国でしか使用することが出来ませんが、ビットコイン等の仮想通貨は世界共通で使用することが出来るのです。これは今後私たちの生活に大きなメリットをもたらすでしょう。

ビットコインの将来性は?

ビットコインの開発は私たちの生活を大きく変えていくと言われています。

ビットコインは

送金スピードが速い
世界のどこでも利用することが出来る
取引時間に制限がない
取引手数料が安い

など今までの通貨とは比べ物にならないほど便利な取引を可能としました。

投資対象としては「少額から始められる」「24時間365日投資が可能」等の特徴から気軽に参入しやすいものになっています。

通貨としての価値で言えば「インフレへの逃避先」としてのメリットも考えられるでしょう。

しかしビットコインが市場に普及し始めてからというもの、良い事ばかりが起きているわけではありません。ビットコインの便利さを悪用する輩たちが増えてきているのも事実です。

資金洗浄(マネーロンダリング)に使用されたり、「闇サイト」と呼ばれる薬や臓器、偽造の身分証、武器などが購入出来てしまう悪質サイトの決済手段として使われているという問題もあります。

上記の問題点などを考えると「ビットコインは価値が下がってしまうのではないか」

と思ってしまう方もいると思います。

しかし、そのような事件が起きたのにも関わらずビットコインの価値が大暴落した話しは聞いたことがありません。

理由は、ビットコインは他のどの仮想通貨よりも「信頼性が一番高い」からです。

今まで資金洗浄や詐欺事件がたくさんおきてしまっていますが、ビットコイン自体がハッキングされたことは今まで一度もありません。セキュリティ面に関しては一番の技術力と言っても過言ではないでしょう。それに仮想通貨としての歴史が一番高いのはビットコインです。

そのこともありビットコインは仮想通貨の基軸通貨として使用されているのが現状なのです。

仮想通貨の悪用事件はビットコインだけではなく他のアルトコインでも起きてしまっています。「便利なものほど悪用されやすい」のは昔から何事も変わらないのです。

しかもビットコインは今後上記のような悪用を防ぐためグレードアップを予定しており、ライトニングネットワークの実装などが実現化されればもっと便利で技術力の高いものになり他の通貨を寄せ付けない最強の仮想通貨になるとも言われています。

上記の事も踏まえて、筆者はなんだかんだビットコインが一番将来性を秘めているのではないかと考えています。

ビットコインの購入方法

ビットコインはほぼ全ての取引所と販売所で購入することが出来ます。

いくつか紹介するので自分に合った取引所を開設してみましょう。

<ビットコインを購入できる取引所・販売所一覧>

*bitbank

*GMOコイン

*bitFlyer

*DMM Bitcoin

*Zaif

※取引所は3つ以上作成しておいた方が得策です。

もし開設している取引所が一つしかない場合、その取引所のサーバーがエラーを起こしてしまった時などに対処法がありません。通貨も動かすことが出来なくなってしまいます。

取引所は複数登録して予想できない様々なリスクを回避できるようにしておきましょう。

取引所を開設したら、ビットコインを購入して仮想通貨をトレードしてみましょう!

仮想通貨について何も知らない方が、何から知れば良いのか順序立てて解説していきます。
基本の情報から投資の方法まで、仮想通貨の基本を学ぶことができます。