ブロックチェーンとは

中級者になろう

 

仮想通貨を調べている方は一度は目にした事がある言葉「ブロックチェーン

実は仮想通貨を支える凄い技術なんです。今回の記事では、ブロックチェーンとは一体どういうものなのかを簡単に紹介します。

 

ブロックチェーンについて

 

ブロックチェーンとは

 

ブロックチェーンは仮想通貨のビットコインの基幹技術として発明された概念です。

ブロックチェーンの技術とビットコインを同じものとして認識されることもありますが、ブロックチェーンはあくまで「分散台帳を実現する技術」であり、それをビットコインが使用しているに過ぎないのです。

 

また、ビットコインの取引データをトランザクションといい、それらのトランザクションをまとめたものがブロックと呼ばれ、このブロックが連なるように記録され、各ブロックは金融取引の記録であり、チェーンは共有の台帳で、世界中の複数のネットワークにわたるすべての関係者、いわゆるノードから確認できるように設計されています。

 

新しい取引が発生するたびにすべてのノードによって検証され、有効であれば台帳のすべてのコピーに追加されます。つまり、新しい「ブロック」が「チェーン」に追加されることになるのです。

 

そもそも台帳とは何か?

 

売買額、賃金、事務上の記録の土台となる帳簿のことです。最近では、金融(finance)とテクノロジー(technology)を組み合わせたフィンテック(fintech)が世界で注目されているのですが、その1つとして、ビットコインを始めとする仮想通貨があります。この仮想通貨が機能するために、重要な技術として存在するのが、「ブロックチェーン」なのです。台帳としての役割機能がそのまま使用されているので、ビットコインが誕生してから全ての取引が記録されています。

 

ブロックチェーンのメリット

 

分散化が可能

 

ブロックチェーン技術は分散台帳であるため、中央集権化を防ぐことになります。仮に、システムがダウンした場合でも、分散させていることで他で復旧できるようになっています。世界中でブロックチェーンを共有し利用するため、特定の者によって影響を受けることがなくなることは大きなメリットです。

簡単にまとめると、「一つのデータベースが壊れても、他のデータベースから復元可能」という事です。

 

データの改ざんや不正が困難

 

取引データであるトランザクションには、「日時、取引量、取引人物」という詳細内容が記録されブロックになります。また、このデータは公開されているので、誰でも見ることができるような仕組みのため、不正な取引を行うことは極めて困難であり、取引の信用が向上します。

 

コストの削減

システムや特定の管理組織の数が減るため、取引が全体的に簡略化されコストが大幅に削減できます。また、海外へ送金する際にも特定の金融機関を通すことなく、ユーザー同士で送金のやりとりが可能になるため、最小限の送金コストで済むようになります。このメリットは大きく、このブロックチェーン技術を利用する企業・組織は増加すると考えられています。簡単にまとめると「第三者を通さないので、個人取引をすることができ、手数料が安い」とう事です。

 

<まとめ>

 

ブロックチェーンの技術は仮想通貨のみならず、電気事業、交通、顧客管理、医療と他の事業においても活用できます。その中でも、金融事業で活用されることで送金革命を実現することも期待されます。

従来のシステムを大きく変えることができる、それを実現するにあたって必要な技術がブロックチェーンと言えるでしょう。

 

基本を学んだら自分が仮想通貨に求めることが見えてきたことでしょう。
ここでは初心者が仮想通貨を知る上で気になるワードを解説し、仕組みなどを学ぶことができます。