仮想通貨投資について

初心者の方へ

最近、巷でかなり耳にする「仮想通貨投資」という言葉。

「ビットコインで億の世界に到達した!」
「学生達の間でも仮想通貨で何百万円と稼いでいる人間が増えてきている」
「仮想通貨で様々な買い物が可能になり、仮想通貨がなくてはならない存在になる」

などの発言やニュースも増えてきて、「俺も仮想通貨を始めてみたいけどまずどうしたらいいかわからない…」という方が多く存在すると思います。

なので本記事では、仮想通貨投資について説明していこうと思います。

仮想通貨投資を始める前に重要なこと

基本中の基本から説明していきますが、ビットコインには株式やFXと同じく「相場」が存在します。

必然的に価格が上がったり下がったりするので必ず「利益」か「損失」が生じます。すなわち、ビットコインを始める、購入するという事は「お金が増えることもあれば、大きく損してしまうこともある」ということなのです。

仮想通貨投資の資金について

上記のリスクを踏まえて言えることは、ビットコインは株式投資やFX投資と同じく「余剰資金」で 始めることが大切ということです

手持ちのお金全てを株式投資につぎ込む人はいないですよね?それでは人生をかけたただのギャンブルになってしまい、頭の良い方法とは言えないでしょう。

すなわち、今仮想通貨の価値が上昇していくと言われていても万が一の事を考えて「無くなっても痛くない程度」の資金で仮想通貨を購入するのが一番の方法なのです。

仮想通貨投資の歴史

なぜここまでリスクの話をするのかというと、株式投資やFXなど昔からずっと続いている金融商品と比べ、ビットコインは比べ物にならない位に歴史が浅いのです。

実はビットコインが開発されてからまだ約9年しか経っていません。そのため法律や税金についてなども詳しく決まっておらず、そもそも国が仮想通貨という「通貨」を認めていないことからもしビットコインが大暴落したとしても、国の保証は一切ありません。

ビットコインには私たちが想像もできないような様々なリスクが伴います。そもそもビットコインという名前が世間に認知され出したのは最近の話であり、よく理解していないままビットコインを始めている人達が大半なのです。

歴史が浅いということは、「何が起こるか予想出来ない」ため、対策を立てることすら難しいのです。

ビットコインを扱う取引所が倒産してしまったりハッキングにより自分の資産が盗まれてしまった…など、自分の資産をすべて失いかねない「最悪のケース」が起きてしまうことを前提の上で仮想通貨を取り扱いましょう。

ただ、逆に言えば「最悪のケース」「様々なリスク」を想定して常日頃から知識を蓄えておけば、将来を期待された仮想通貨という素晴らしい発明に乗っかって、何百万円、何千万円、何億円と稼ぐことも可能ですよ!

仮想通貨投資のメリット・デメリット

仮想通貨投資のメリットデメリットについて説明していきます。

仮想通貨のメリット

今現在、仮想通貨は新しい投資対象として注目されてきています。

その理由としては…

◇今までに無い新しい投資対象であり、近い将来かなり高騰する可能性を秘めている

◇ボラティリティ(値動き)が高い通貨が多いので大きな利益を狙える

上記の2つを見て頂いたら分かる通り、仮想通貨投資の最大の魅力は大きな相場の動きや価格の急な上昇など株式投資などではありえないほどの利回りを狙えることにあります。

例を出すと、ビットコイン(BTC)が誕生した時の価格は1BTC=約0.07円でした。そして現在ビットコインの価格は約90万円なので約1000万倍以上に膨れ上がっています。イーサリアム(ETH)という仮想通貨の場合、プレセール時の価格が1ETH=約300円程度でした。そして現在イーサリアムの価格は約9万円なので約30倍以上に膨れ上がっています。

その他の仮想通貨に関しても、一時的な値上がりに関しては、公開された値段から何十倍~何百倍という高騰を達成した通貨が多く誕生しているので、株式投資などの投資対象にくらべて、爆発的な価値の上昇が期待できます。

『ボラティリティ(値動き)が高い通貨が多い』というのは投資対象としてはとてもメリットなので短期トレードをしたい方にとっては仮想通貨はかなりマッチングしていると思います。

仮想通貨は非常に値動きが激しいので。一番有名で流通量が多いビットコインですら、1日1000円以上の値動きする日は珍しくありません。

また、ビットコインなどの有名通貨ではない他の仮想通貨などは、1コインの値段が安価な分、とても激しい値動きになります。(少ない金額で市場が動くため)

ただ、仮想通貨投資はメリットだけではありません。もちろんデメリットも存在します。

仮想通貨のデメリット

◇誰でも発行できるため、詐欺通貨が横行している

一見難しそうに見える仮想通貨ですが、実は発行するだけなら個人でも可能です。

なので素人が今後大きく普及させる気もなく、将来の展望が全くない通貨を発行して

仮想通貨に知識が乏しい人達に向けて「今後このコインは普及していきますので、安いうちにいくつか買っておいた方がいいですよ」などと持ち掛けてお金を騙し取る詐欺が増えているようです。気を付けましょう。

◇投機的側面が存在する

ビットコインや他の仮想通貨全てに言えることですが、仮想通貨は投機的な側面が存在し、ボラティリティが高く、相場が乱高下(暴騰暴落)を起こすことも少なくありません。そのため「資産としての保存に向いていない」と考える人も多く存在します。

安定資産として仮想通貨を保持するのは上記の内容を加味したらとても難しいと思います。が、現在は相場が乱高下しても通貨の価値を守れるような方法がいくつか編み出されています。

例を挙げると

◆法定通貨にペッグしている仮想通貨と交換する

◆ビットコインを空売り(ショート)する

◆素直に法定通貨に戻す

など様々な価値を守る対策があります。

◇仮想通貨は国に補償されていない

現在仮想通貨は国から正式な通貨として認められていないため、ビットコインが暴落してほぼ価値がなくなってしまったとしても国は何の補償もしてくれません。

そのため、例え取引所自体が倒産し、通貨の価値が暴落し、パソコンがハッキングされて通貨が盗まれてしまった場合でも国は動いてはくれないのです。

残念ながら国に認められない通貨の末路というのは悲惨です。しっかりとデメリットを踏まえたうえで仮想通貨を始めましょう。大きく利益を上げようが、資産が0になってしまった場合でも全ては自分次第、自己責任なのです。

しかし、見方を変えるともし国が潰れそうになった場合の逃げ道として仮想通貨は大きな役割を果たすでしょう。デメリットは見方を変えるとメリットになり得ます。自分で良く考えて資産のポートフォリオを組みましょう。

まとめ

仮想通貨には上記で説明した内容以外にも更なる可能性が秘められており、今後の日本、いや世界の動き方を変えるほどの発明なのです。

今すぐに始める必要はありせんが、お金は入金しなくても口座を開いておけばすぐ仮想通貨を始められるので口座開設をしておきいつでも始められる準備をしておきましょう!

仮想通貨について何も知らない方が、何から知れば良いのか順序立てて解説していきます。
基本の情報から投資の方法まで、仮想通貨の基本を学ぶことができます。