取引所毎の取り扱い通貨を確認しよう!

取引所

今回の記事では有名取引所の取り扱い通貨について解説してきます。参考にして、購入したい取引所を開設してみましょう。

取引所毎の取り扱い通貨

一般に仮想通貨と言われると、仮想通貨の代表格として広く知られているは「ビットコイン」の事だと考えている方が多いと思いますが、実は仮想通貨には沢山の種類があります。

 

現在仮想通貨は1500種類以上存在し、それは「アルトコイン」と呼ばれています。ですが、その全てが優秀なコインというわけではありません。中には仮想通貨ユーザー達からお金を騙し取る詐欺コインも存在します。

そのため、金融庁から許可が下りていないコインを購入するのは大金を稼げる可能性もありますが多くのリスクを取ることになります。

まず仮想通貨を購入する場合は、国内で上場している通貨を取引するのが安全です。

なぜならば、国内で上場するためには金融庁からの許可が必要なので、信用できないコインや、すぐさま価値を失いそうな脆弱なコインは上場することが難しいからです。

なので、まずは日本の仮想通貨取引所に上場している通貨を運用してみましょう!

現在日本の仮想通貨取引所に上場している通貨は14種類ありますので、そちらを紹介していきます。

 

日本の仮想通貨取引所に上場している仮想通貨一覧

・Bitcoin (ビットコイン)

・Ethereum (イーサリアム)

・Bitcoin Cash (ビットコインキャッシュ)

・Ripple (リップル)

・NEM(ネム)

・Litecoin(ライトコイン)

・DASH(ダッシュ)

・Monero(モネロ)

・Ether Classic(イーサリアムクラシック)

・Lisk(リスク)

・Zcash(ジーキャッシュ)

・MONAcoin(モナコイン)

・Factom(ファクトム)

・COMSA(コムサ)

そして上記のコインを取り扱っている日本の取引所・販売所がこちらになります。

「coincheck」(取引所)

「bitflyer」(取引所)

「Zaif」(販売所)

取引所と販売所の違いについては別の記事で詳しく説明していますのでそちらをご覧ください。

取引所・販売所の違いとは?

取引所・販売所毎の取り扱い通貨について

 

取引所・販売所毎に取り扱っている通貨の種類が違いますので、下記を参考にして自分が購入してみたい通貨を取り扱っている取引所を開設してみましょう。

 

「coincheck」(取引所)で取り扱える通貨

 

・Bitcoin (ビットコイン)

・Ethereum (イーサリアム)

・Bitcoin Cash (ビットコインキャッシュ)

・Ripple (リップル)

・NEM(ネム)

・Litecoin(ライトコイン)

・DASH(ダッシュ)

・Monero(モネロ)

・Ether Classic(イーサリアムクラシック)

・Lisk(リスク)

・Zcash(ジーキャッシュ)

・Factom(ファクトム)

 

「bitflyer」(取引所)

 

・Bitcoin (ビットコイン)

・Ethereum (イーサリアム)

・Ether Classic(イーサリアムクラシック)

・Litecoin(ライトコイン)

・Bitcoin Cash (ビットコインキャッシュ)

・MONAcoin(モナコイン)

・Lisk(リスク)

 

「Zaif」(販売所)

 

・Bitcoin (ビットコイン)

・NEM(ネム)

・Ethereum (イーサリアム)

・Bitcoin Cash (ビットコインキャッシュ)

・MONAcoin(モナコイン)

・COMSA(コムサ)

 

まとめ

 

複数の通貨に投資したい人や、取引所自体のヘッジをしたい方は取引所は複数開設することをオススメします!私も取引所の口座は複数保持しており、コインチェックのNEM流失事件の時もコインチェック以外の口座で運用をしていたので資金凍結は免れました。

なので最低でも2つは口座開設をしておきましょうね!