コインベースCEO 2018年 影響力のある40歳以下のビジネスパーソンにランクイン=フォーチュン誌

ニュース

仮想通貨業界の影響が拡大


フォーチュン誌の世界で最も影響力のある若者のビジネスパーソンである40歳以下の40人を選出する今年の「40 under 40」に、米仮想通貨取引所コインベースの共同創業者ブライアン・アームストロング氏(20位)、イーサリアム創設者の一人ブテリン氏(22位)、仮想通貨取引アプリを提供するロビンフッド創業者のブラッド・テネブ氏(24位)の3人が仮想通貨業界からランクインし、比較的高い位置にランクインしていることが注目を集めています。

1位にはインスタグラムCEOのケビン・シストローム氏、2位にはフェイスブック創業者のマーク・ザッカーバーグ氏がランクインしています。

成長を遂げる仮想通貨業界

仮想通貨取引所コインベースは、190カ国の1,300万人を超えるユーザーを誇っており、世界有数の取引所の一つです。

コインベースのCEOがランクインしたことは、世界的な金融への仮想通貨の成長における彼の役割が歓迎された認識としてもたらされるでしょう。

ビットコインをはじめとする仮想通貨市場が大きくなり、取引可能な資産として認識が広がるにつれて、仮想通貨の価値が安定し、世界の金融システムの中心になる可能性があると考えられています。

40 Under 40
This year, we’re highlighting 40 influential people in each of five categories: finance, technology, healthcare, government and politics, and media and entertai...
https://www.ccn.com/coinbase-ceo-tops-rihanna-in-fortunes-40-under-40-list/