AKASHA ICO評価

ICO評価

AKASHA について

世界では言論の自由がなくなり、何か政府や国に不利益になる発言をすると咎められたり、刑罰を受けることが増えています。

そこでこのAKASHAは『The Language of Freedom 自由な言葉』というスローガンを掲げたプロジェクトです。

日本では2チャンネルのような媒体で匿名で発言できる場所があります。

しかし、インターネットの登場によって、表現の自由が制限されている国々でも思っていることが何でも言えるようになるかと思っていても、政府やその媒体と使用者の仲介者によってそれらの表現について規制や停止に乗り出すことがあり、中国のようにTwitterが禁止されているところもあります。

そこで、AKASHAはインターネットが実現できなかった表現の自由を目指し、オンライン上で、『誰でも自由に思っていることを発言できるプラットフォームを構築したい』と述べています。

ICOの詳細

AKASHAの公式HP
https://akasha.world/
ハードキャップ
未公開
ソフトキャップ
未公開
シンボルティッカー
不明
総発行枚数
未公開
売り出し枚数
未公開

プロジェクトのアイデア自体は2015年第1四半期に生み出されていますが、未だにICOを実施することすら情報が発表されていません。

プロジェクトチームの印象は?

 

Vitalik Buterin
Advisor

このチームにはEthereumの創始者であるVitalik Buterin氏がアドバイザーとして参加しています。
しかし、プロジェクトが目指すところはわかるのですが、ICOの詳細が不明なため、どうしちゃったんだろうという印象があります。

仮にプロジェクトを進めているのならば、せめてどのような感じでICOを行うかの情報やホワイトペーパーを発表してもいいんじゃないかと思うのは私だけでしょうか?

そう考えると、このAKASHAのプロジェクトチームはどうなのかなと疑ってしまうところもあります。

総評

AKASHAのプロジェクト自体は、素晴らしい内容だと思います。

現在の世界各国のインターネット上の縛りは多種多様ではありますが、このプラットフォームを通じて誰もが平等に発言できる場所を構築することで世界が変わる可能性を秘めています。
しかし、国・政府からの見えない力がプロジェクトの進展を遅らせているのかもしれません。
私はそれらに負けずに、彼らのプロジェクトが実現することを応援しています。

コメント