アゼルバイジャン:政府がブロックチェーン技術を採用

ニュース

電子サービスにブロックチェーン技術を導入


アゼルバイジャンインターネットフォーラム(以下、AMF)でのOsman Gunduz会長は、10月30日に、アゼルバイジャン法務省がブロックチェーン技術とスマートコントラクトを住宅・ユーティリティ分野で使用する準備を進めていると発表しました。

Gunduz氏は、10月30日に開催されたカンファレンスで、様々な省庁の構造部門が提供するシステムと電子サービスに関する情報が提供されることについて触れました。

「電子公証人」、「電子裁判所」、刑事訴訟サービス、非政府組織の情報システム、人口登録簿などの登録は、現在30以上の電子サービスを提供しており、約15の情報システムと登録簿もある「モバイル公証人役場」と名づけられた企画案件は、公証書のすべてを1件で蓄積することができ、面白いようだ」とGunduz氏は述べました。

AMFの議長は、同省の計画には、とりわけ、電子文書の公証に関連するプロジェクトの実施が含まれると述べました。

 

公共事業システムにもブロックチェーン技術


特に、省庁がブロックチェーン技術の導入に関心を示していることが注目され、今後は公共設備(水道、ガス、電力)の分野でスマートコントラクトが導入されることが発表されました。

これは、公益事業の市民の既存の契約をスマートコントラクトへの切り替えを意味し、透明性を確保し、この分野における改ざんの事例を抑制することができます。

市民自身がこれらすべてのプロセスを独立して管理することができるようになります。

AMFの会長は、世界練習では、登記所が形成されているところでブロックチェーン技術が成功裏に使用されると述べています。

法務省のサービスのほとんどは、ブロックチェーン技術だけに基づいているようです。

Gunduz氏は、ブロックチェーン技術の使用が特に重要な産業があると指摘しました。

これは「電子裁判所」を指します。

これまでのところ、この方向の仕事は非常に弱いです。プロジェクト自体が5年近く実施されていることを考慮すると、電子政府はまだ少数の司法事例でしか使用されていません。

彼の見積もりによれば、さらに多くのサポートが必要で、公証機関については、ここで一定の進歩が見られます。

たとえば、不動産に関連する登録簿からの抽出は、すでにオンライン環境に統合されていますと述べています。

Azerbaijan to use blockchain technology in housing and public utilities
The Ministry of Justice of Azerbaijan is preparing to use blockchain technologies and SMART contracts in the housing and utilities sector.