バーレーン、インドのフィンテック企業を招待

ニュース

フィンテックスペースの促進

金融技術の中心地としてバーレーンを促進するために、国はインド企業を成長しているフィンテックスペースの一部になってくれることを求めています。

バーレーンはインドの大手企業にオープンバンキング、ブロックチェーン、暗号資産、ロボアドバイザリー、送金の機会を提供しています。

バーレーン経済開発委員会(EDB)のシニアマネージャーであるDalal Buhejji氏は

「金融サービスセクターは石油とガスの背後にあるGDPに2番目に大きな貢献をしています。バーレーン中央銀行は、成長と革新を支えるために適切なエコシステムを導入しました。私たちは最近、オープンバンキング、暗号資産取引規制、およびロボアドバイザリーに関する規制案の作成を支援するために、さまざまな新しい規制が発表されているの見てきました。」

と述べています。

同氏によると、バーレーンは金融サービス分野におけるイノベーションのテストベッドとしての役割を果たしています。インドではサンドボックスを申請しているインドの企業も加わっています。

一般的に、サンドボックスは、特定の顧客に対する新製品の限定的な展開を見ている金融革新をテストするための安全なゾーンと見なされています。

インドを主要市場と捉え、EDBは12月にムンバイでフィンテック企業を引き付けるロードショーを開催しました。

バーレーンの投資促進部門であるEDBも、マハラシュトラ州政府との間で基本合意書(MoU)に調印し、それぞれの市場でのフィンテックを促進するための協力の枠組みを提供しました。

新興企業を促進するために、バーレーンフィンテックベイという名の公共民間パートナーシッププラットフォームが創設され、それがフィンテック企業に物理的なスペースを提供していくことになり、その地域の発展を促進していきます。

India fintech companies invited to set up base in the Kingdom | THE DAILY TRIBUNE | KINGDOM OF BAHRAIN
In a bid to promote Bahrain as financial tech hub, the country is seeking participation from Indian...