バミューダ:世界的な仮想通貨・ブロックチェーン地域となる

ニュース

バミューダの経済的な取り組み


バミューダの第2の産業は観光業であり、正当な理由があります。

英バミューダ領土は21マイルの長さの島に過ぎないかもしれませんが、それはビーチやゴルフ場の国際的な目的地であるだけではありません。

また、オフショア金融センターとしても世界的に知られており、米国との近接性もあり、世界一の一人当たり所得を誇っている地域として経済的にも有名です。

米国が依然として仮想通貨通貨を規制する方法について議論していると考えると、バミューダはブロックチェーン企業が支店を立ち上げるための論理的な場所になっています。

仮想通貨市場に取り組む方法を他の国々がまだ模索している間に、バミューダは明らかにそれらを受け入れたいと考えています。

事実、昨年、バミューダがブロックチェーン企業にとって良い環境作りをどのようにしていくか考えるタスクフォースの形成を発表しています。

 

仮想通貨取引所バイナンスが出資


今年の初め、バミューダ政府はバミューダのフィンテック産業が「経済の多様化をもたらし、島に新しいビジネスをもたらし、GDPを押し上げ、有意義な雇用を創出できると信じている」と明示して、世界で最も進歩的なICO法案を承認しました。

世界中でコンプライアンス・センターを開設するために、世界最大の仮想通貨取引所のBinanceが1500万ドルを投資しているように、バミューダをプロの仮想通貨地域として市場を開拓しようとしています。

Binance CEOのZhangpeng Chao氏は、バミューダ政府と規制機関が「地球上で最も親密である」と賞賛しました。

彼は、同社が「地域経済の支援にコミットする」と述べました。

投資された資金は、ブロックチャーン技術を含む教育プログラムに向けて、バイナンスチャリティ財団(大部分は1,000万ドル)を通じて行われ、残りの500万ドルは、バミューダの地域ブロックチェーンのスタートアップに割り当てられます。

世界にはマルタのように仮想通貨の主要な国になろうとしている国・地域が多くのあります。

しかし、バミューダがマルタの地位を脅かす存在になりつつあるという事実を否定することはできません。