バイナンス取引所:機関投資家のためのサービスを開発

ニュース

機関投資家の参入のために


仮想通貨は次の新しい段階に進む必要があります。

サービスプロバイダーにとって、これは機関投資家の関心を引き付けることを意味します。

バイナンスは、この特定のグループを対象とする最新の企業となり、プロの投資家が自信を持って参入できるよう、新しいサービスを開発している段階にいます。

今年はバイナンスにとって興味深いものとなりました。

世界をリードする仮想通貨取引所であるバイナンスは、いろいろな形で世界に進出を続けています。

今年、ウガンダへのその事業は十分に文書化されて、サービスを展開させています。

世界では仮想通貨の規制が厳しい国、地域もありますが、さらに有利な規制措置を求めて仮想通貨とブロックチェーン技術に関して最もオープンな考え方を持つマルタに移転したこともありました。

今回の新しいニュースでは、バイナンスはプロの投資家の参入を見据えたいと考えています。

同社は現在、機関グレードの投機家や投資家向けに新しいサービスを開発しています。

これは、セキュリティと信頼性に焦点を当てた他の企業の常勤ミッションに似ています。

機関投資家は仮想通貨市場における重要な存在であり、今後数年間にこの市場に先駆けていくいくつかの企業が多くあります。

 

バイナンスが仮想通貨業界を盛り上げる


彼らに関心を向ける企業が多くいる中、仮想通貨業界は、Bitcoin先物商品でも人々が期待していた影響をあまり示さず、成功していません。

また、Bitcoin ETFの誕生もなかなかうまくいっていない状況があり、厳しい見方をする場合があります。

しかし、バイナンスの助けを借りれば、状況は大きく変わるかもしれません。

同社は、うまくいくような戦略的決定を多くしています。

その新しい戦略分析部門は既に世界中から注目を集めています。

さらに、同社は積極的なペースで世界的に拡大を続け、シンガポールは、同社の次なる関心領域です。

シンガポールでは、Vertex Venturesの助けを借りて、新しい仮想通貨取引プラットフォームが確立されるでしょう。

Binance Aims To Inspire Institutional Investment
Digital currencies need to head into the next stage of maturity. For service providers, this means attracting additional institutional investors.