ビットコインの下落理由と専門家の見解とは

ニュース

ビットコインキャッシュのハードフォーク論争が原因か


ビットコインの価格は、木曜日に6,000ドルを下回ったときにトレンドが変わり、その下落トレンドはなお続いており、月曜日には、5000ドルを下回りました。

ビットコインがこの価格に下落したのは、2017年10月以来でした。

ビットコインは24時間の取引で11%以上の下落を見たが、ハードフォークをについて不確実性を生み出しているビットコインキャッシュは、同じ期間に40%下落しています。

24時間以内に10%以上の下落をした他の主要通貨には、イーサリアム、カルダノ、およびモネロが含まれていました。

価格下落の背景には、仮想通貨の規制監視、ビットコインキャッシュハードフォーク、仮想通貨市場への関心の低下などのさまざまな理由が含まれています。

 

これは市場関係者がよくチェックしているメディアForex Liveの公式ツイッターで、ラーメンの関心の方がビットコインを上回っているというツイートを取り上げおり、(ラーメンはアメリカでも人気の食べ物ですがww)、ビットコインへの関心の減少が明らかであることがわかります。

 

仮想通貨コミュニティの何人かの人々は、この下落はパニック・セールによるものだと考えている人もいます。

そして今が、ビットコインを買うのに最適な時期なのです。

すでに投資されている人は、資産を保持して価格が上昇するのを待つか、もしくは増資することが良い選択です。

 

仮想通貨専門家の見解とは


初期のビットコインへ投資し億万長者となり、仮想通貨起業家であるJeremy Gardner氏は、暗号技術を信じています。

「ビットコインの短期的な価格を予測することは、無益な動きであり、感情主義の市場であり、感情は気まぐれに変わる可能性がある」と彼は語っています。

仮想通貨投資会社のInvictus CapitalのCEOであるDaniel Schwartzkopff氏は、この下落の理由は、市場全体に及ぶ損害を引き起こしている進行中のビットコインキャッシュの「内戦」の可能性があると述べました。

ビットコインキャッシュのハードフォークに関する不確実性は、投資家の間でパニックを引き起こす可能性があります。

CEOはまた、不確実性が続く限り、ビットコイン価格はさらに下落する可能性があると予測し「Bitcoinの価格は、歴史的にマイニングコストを下回る水準には達していませんでした」と付け加えました。

GlobalBlockのディレクター兼共同創設者であるDavid Thomas氏は、大きな売りを引き起こした理由について

「ビットコインは長期間にわたって厳しいレンジで取引していたが、 2018年の大半を低迷の相場にあり、批評家は業界の全体的な関心に疑問を抱かせるようになってきており、年が進むにつれて関心が減少し、仮想通貨の採用を遅らせている」

と主張しています。

アナリストらは、今週の仮想通貨価格はさらに低下する可能性が高まっていると考えています。

これは、暗号コミュニティにとって、そして具体的にはビットコインにとって重要なものとなります。

単純に言えば、昨年の大きな盛り上がりを見せたビットコインの価格だったが、現在は急速に市場価格が失墜してしまっています。

また、2017年5月ごろは、ビットコインは600ドル以下で取引されていました。それを考慮すれば、一度下がってしまえば、3,700ドル、それから1,900ドルレベルになると言えるかもしれませんが、待って見なければならない」とThomas氏は付け加えました。

Bitcoin Falls Below 00, Other Cryptocurrencies Plunge As Well
The price of bitcoin fell by over 11 percent in 24 hours, slipping below the ,000 mark Monday night. The last time bitcoin had sunk to this level was in Octob...