bitFlyer(ビットフライヤー)の口座開設方法

取引所

仮想通貨を取引するには取引口座が必要です。

今回は国内最大手の仮想通貨取引所であるbitFlyer(ビットフライヤー)の口座開設方法をご紹介致します。

ビットフライヤーの口座開設手順

 

口座開設はネットから手軽に開設することが出来るので、さっそく開設手順をみながら作ってみましょう!

 

ビットフライヤーのHPにアクセス

 

ビットフライヤーURL:https://bitflyer.jp/

 

ビットフライヤーにアクセスすると上記の画面が表示されます。

メールアドレスと書かれている部分に自分のメールアドレスを入力しましょう。

入力出来たら赤く表示されている「アカウント作成」をクリックします。

この時点でとりあえずアカウント作成は終了です。とても簡単で1分あれば出来るでしょう。

 

*使用するメールアドレスはYahooアドレスやgmailアドレスでも可能です。

 

登録確認メールをチェック

 

アカウント作成をクリックすると、登録したメールアドレスに「アカウント登録確認メール」が届きますので、そのメールの内容に記載されている「キーワード」と「初回パスワード」を確認しましょう。

 

確認したら、上記の画面の赤枠で囲まれているURLをクリックします。

そうすると下記の画面が表示されます。

 

送られてきたメールに記載されている「キーワード」を入力して、アカウント作成をクリックします。

 

確認事項のチェック

 

アカウント作成を済ませると、上記の画面が表示されます。

「ご利用規約とプライバシーポリシーに同意します。」

「ビットコイン取引におけるリスクについて理解しました。」

「私は米国の住居者ではありません。」

「取引時交付書面を読んで理解しました。」

上記の確認事項が表示されているので、全て確認してチェックを付けたら赤枠で囲まれている「bitFlyerをはじめる」をクリックしましょう。

 

この時点でメールアドレス登録のみのアカウントが作成完了です。お疲れ様でした!

 

アカウントのグレードについて

 

これでアカウントの作成自体は済みましたが、本人情報の登録をすることにより口座の自由度がかなり上昇するため、本人情報の登録は絶対にしておいた方が良いです。

本人情報を登録するとしないとでは取引の制限が全然違います。

 

上記はビットフライヤーのアカウントクラス表なのですが、本人確認が済んでいない状態を「ウォレットクラス」、本人確認が出来ている状態を「トレードクラス」と分けられており、ウォレットクラスでは仮想通貨を購入することすら出来ません。これでは口座を作った意味がないので絶対に「トレードクラス」にしなければいけませんね。

 

トレードクラスになる条件は

  • 本人情報の登録
  • 本人確認資料の提出
  • 取引目的などの確認
  • 書留郵便の受け取り

必須項目となります。それではさっそく本人情報を登録していきましょう。

 

本人情報を登録する

 

確認事項のチェックが済み、「bitFlyerをはじめる」をクリックすると上記の画面が表示されるので、赤枠の「本人情報の登録に進む」をクリックして下さい。

 

上記の画面に進んだら、氏名、性別、生年月日等の本人情報を入力していきましょう。

入力ミスをしないように気を付けて下さいね。

 

bitFlyerのアカウント画面

 

無事に本人情報登録が終了したら、ビットフライヤーのアカウント画面に移ります。

 

画面左側のメニューバーにはビットコインやアルトコインを売買するための項目や、日本円の入出金、アフィリエイトなど重要な項目が表示されています。

 

画面の真ん中には現在の資産状況やニュースが表示されていますので資産状況が一目で分かるようになっています。

 

画面右側にはリアルタイムのマーケット情報やアカウント登録状況を確認することが出来ます。

 

非常に見やすくてわかりやすい画面構成となっているので、初心者の方も使いやすい印象を受けました。

 

入出金口座の登録

 

仮想通貨を購入するにはビットフライヤーに日本円を入金しなければいけません。

なので、その際に使用する自分名義の銀行口座を登録する必要があります。

 

画面左側のメニューに「入出金」の項目があるのでそこをクリックすると上記の画面が表示されます。そうすると画面最下部に「銀行口座情報を追加する」という項目があるのでクリックして下さい。そうすると下記の登録画面に移動します。

 

「主要銀行から選択」か「50音から選択」のどちらかから自分の登録口座を検索して、登録してください。

 

因みに筆者が登録している銀行口座は「ジャパンネット銀行」と「住信SBI銀行」です。

なぜ住信SBI銀行を使用しているかというと、月に最大15回まで振込手数料が無料になる素晴らしいメリットがあるからです。

 

取引所への入出金は手数料がかかるため、その手数料を節約出来る住信はかなりオススメです。しかも全国のコンビニATMで24時間基本無料で使用できるというメリットまであるためとても重宝しております。

ビットフライヤーを開設するのと同時に住信SBIネット銀行も開設しておくと良いでしょう。

初回ログインパスワードを変更しておく

 

画面左側のメニューにある「設定」をクリックして、パスワード変更を選択します。

パスワードは変更しないと初回ログインパスワードとなっておりますので、自分が覚えやすいものに変更しておきましょう。

 

現在のパスワードには初回ログインパスワードを入力してください。ビットフライヤーから最初に届いたメールに記載されています。

変更したパスワードは忘れない場所にしっかりと保管しておきましょう。