ブロックチェーン技術を農業部門に導入

ニュース

マレーシアの展開


技術的解決策としてのブロックチェーンの大きな可能性を念頭に置いて、APACにはほとんど実用的な結果はありません。

しかし、すべての業界の利害関係者が問題に対処するために最新テクノロジーにますます注目を集めるようになると、それはすぐに変わるかもしれません。

たとえば、マレーシアのある州は、食料生産者をよりよく追跡するためにブロックチェーンを導入する計画が進行中であることを発表しました。

地元メディアの報道によると、マレーシアのSim Tze Tzin農務大臣は、ブロックチェーン技術によって、当局と消費者がラボや農場から加工工場やサプライヤーまでの農産物の流れをマッピングできるようになると述べました。

「この技術は、食品産業の追跡と運営を強化するため、病気の発生がある場合には確かに役立つでしょう。食物は農場や研究所から食卓まで追跡することができます」と農務大臣は述べています。

このブロックチェーン搭載プラットフォームを統合すると、消費者は食品のラベルをスキャンして、いつどこで製造されたのか、またどのように配送されたのかを知ることができるようになります。

また、シムは、このシステムに保存されている情報を改ざんできないと考えています。

透明性の向上に加えて、仲介者を排除することで費用対効果も向上します。

しかし、このシステムの正式な開始日がいつになるのか、あるいは当局がプラットフォームの開発に取り組んでいるのはいつなのかはまだ不明なのです。

 

他国の動き


また、農業部門を近代化するためにブロックチェーンベースの解決策を模索している地域はマレーシアだけではありません。

先月、中国政府は、ブロックチェーンなどの新興技術の採用を促進し、農業信用リスクの識別、監視、早期警戒、および処分のレベルを向上させる、「農村サービスの金融サービスの活性化に関する指導的意見」と題する枠組みを発表しました。

中国の銀行規制委員会、財務省、および農村農務省によって発行されたガイドラインは、金融サービス提供者が農村部の電子商取引における特定の金融施設および小額決済機能を開発することを奨励しています。

中国当局は、ブロックチェーンの統合により、農業情報の収集と共有、顧客審査プロセスの改善、および農業事業の信用評価の向上を合理化すると同時に、債権者のリスクを軽減すると考えています。

How Malaysia is planning to deploy blockchain to track its food supply - Tech Wire Asia
A state in Malaysia is deploying blockchain technology to enable consumers to trace the origin of their produce.