米国エネルギー市場:ブロックチェーンを使って再生可能エネルギー資源取引をテスト

ニュース

ブロックチェーンでエネルギー市場を効率化する


米国のエネルギー供給会社であるPJM(PJM Interconnection)は、Energy Web Foundation(EWF)と協力して、主要な米国エネルギー市場における再生可能エネルギーの生産、納入、販売を追跡するブロックチェーンを使用したデジタル帳簿システムを作成しています。

このシステムは、クリーンエネルギーを売りたいセクターの買い手と売り手の位置を突き止めて一致させます。

この試験プログラムは、2019年の第1四半期末に開始される予定です。風力発電プラントと太陽光発電プラントから生産された電力を追跡し、中小企業がエネルギー取引市場に侵入できるようにします。

環境情報サービス(PJM-EIS)のPJM社長Ken Schuyler氏は、

「EWFとの共同作業や新しい技術の経験を積む機会があり、非常に興奮しています。当社の顧客は、ブロックチェーン技術を当社のサービスに組み込むことに関心を示しており、この技術を活用してさらなる利益をもたらすことを期待している」

と述べています。

 

ブロックチェーン技術の特徴を活用


仲介者を必要とせずに安全な契約を結ぶことを可能にするデジタルレジャーシステムであるブロックチェーン技術は、仮想通貨取引市場でよく知られています。

また、この技術は、送金、法的契約、業界のサプライチェーンにも適用でき、米国エネルギー市場でのより安価で迅速な取引を促進する可能性があります。

PJM-EIS副会長のJaclynn Lukach氏は、ブルームバーグとのインタビューで

「Blockchainは、小規模なユーザーに取引能力を与えます。我々はまた、管理コストを削減することを望んでいる」

と述べています。

同社はワシントンDCからシカゴ、イリノイ州まで243,417平方マイルの面積をカバーする13の州とコロンビア特別区にエネルギーを配分しています。

総発電容量は178,563MWで、米国では6,500万人に達しています。

PJM社は卸売電力をメガワット時(MWh)で取引しており、1MWhで約800世帯に1時間電力を供給します。

PJM社は、ブロックチェーンの使用を検討して、その国のグリッドのエネルギー取引をどのように最適化できるかを見てきたと述べました。

ブロックチェーン開発をしているEWF社は、世界の小規模市場向けのシステムを開発しました。

CEOのHervéTouati氏はプレスリリースで

「EWFとPJM-EISのこの協力関係は、エネルギー分野における先進的なデジタル技術の採用にとって大きなマイルストーンです。私たちはPJM-EISのようなリーダーとパートナーシップを結びました」

と述べています。

https://www.power-technology.com/news/us-energy-market-blockchain/