2020年米大統領候補のアンドリュー・ヤン、ブロックチェーン投票に賛成

ニュース

ブロックチェーンによる選挙投票の近代化

 

米国の2020年大統領選挙の候補者の1人であるアンドリューヤン氏は、ブロックチェーン技術による投票の近代化を望んでいます。

ヤン氏は、2020年にアメリカ人がブースで投票するために何時間も列に並んでいる状況をブロックチェーン技術によって解決でき、「ブロックチェーンを使用して、今日の携帯電話で不正防止の投票を行うことは技術的に100%可能です」と言いました。 

 

最新技術の導入の動き

 

「長い時間並ぶことによって投票に参加しない人を減らし、参加者を増やしてすべてのアメリカ人に参加することを可能にします。大統領として、私は投票インフラを近代化し、最新技術を活用して投票をより簡単かつ安全にすることで、民主主義に参加するアメリカ人の数を増やします」とヤン氏は結論付けました。

ヤン氏は、暗号通貨に対し友好的な立場を取る数少ない大統領候補の1人です。

先月、ヤン氏の支持者が、ビットコインによる寄付を受け入れるためにスーパーPAC(政治行動委員会)を立ち上げました。

ヤン氏はまた、今年初めに暗号通貨に関する「明確なガイドライン」を求め、積極的に行動しています。

 

2020 Presidential candidate Andrew Yang is in favor of blockchain voting
Andrew Yang, one of the candidates for the 2020 presidential election in the U.S., wants to modernize voting via blockchain technology. Yang said it is