農家にブロックチェーン技術サービスを提供:フィリピン企業

ニュース

農家と消費者がデジタルウォレットを利用するために


ブロックチェーン技術ベースの金融サービスプロバイダーTraxionは、フィリピン南部のミンダナオ島にブロックチェーン技術を導入し、人々がデジタルウォレットを使って安全に給与を受け取れるようにすると述べました。

TraXionの最高経営責任者Ann Cuisia氏は

「農地所有者の関与により、彼らはQRコードを使用することができます。 QRコードはデジタルウォレットとなり、キャッシュレス取引でも使用できます。彼らはまた、バヤードという(支払い)センターを通じてお金を引き出すこともできます。」

と述べました。

Cuisia氏は、このデジタルウォレットによって、農家に相当額の現金を持つこともなく、給料を受け取ることができると説明しました。

ほとんどの人が考えるようにブロックチェーン技術は多くの人が思っているほど複雑ではなく、遠隔地の人もアクセスできます。

さらには、この技術は、農民が情報と取引を保存し、透明性、商品の追跡、および完全性を促進するためにデータを共有する機会とみなされるべきです。

TraXionは、農家と取引する際にブロックチェーンの使用を奨励するために、現在、全国の60万点以上のサリサリストア(コンビニのような小売店)が取り扱っています。

 

銀行口座を持っていない農家のために


大部分のフィリピンの農家は銀行口座を持っていません。

なぜなら、彼らは、きれいな服を来ておらず、スリッパしか着用しないため、銀行に行くことをためらっているからです。

しかし、ブロックチェーン技術を活用しているTraXionでは、このような人々にも金融機関のサービスを提供できるようにすることを目指しています。

同様に、TraXionはFarm to Table Consumer Appを通じてブロックチェーンの利点を提供できると語っています。

同社は、農家、生産者、消費者(ホテル、レストラン、または家庭)向けのモバイルアプリケーションであるIFarmsを開発しています。

このアプリは、仲介人を根絶することを目指し、消費者は農家と生産者から直接商品を注文することができ、同時に農家は時間通りに収入を受け取り、作物を効果的に管理することができます。

 

フィリピンのブロックチェーン技術の取り組み


フィリピン北部の政府経済圏であるカガヤン経済地帯局(CEZA)が、今月初めにスイスクリプトバレーに挑戦するために1億ドルの仮想通貨とブロックチェーンハブを作り出すと発表しました。

フィリピン版クリプトバレーでは、10,000人以上の雇用を生むと見られています。

Traxion Offers Blockchain Solution to Philippine Farmers - Cryptovest
Blockchain-based financial services provider Traxion is offering blockchain technology to Philippine farmers, aiming to change the way people do business.