米証券会社大手のチャールズ・シュワブ、「暗号通貨は純粋に投機的」であると否定

ニュース

暗号通貨サービスの提供

 

運用資産が3.2兆ドルの米国最大の投資仲介会社であるチャールズシュワブ社は、少なくとも現時点では暗号通貨を取り上げない姿勢を取り、直接取引サービスを提供する予定はないとマネージングディレクターであるロブファーマー氏が述べ、

「投資家はこれらの通貨を純粋に投機的な手段と見なすべきです」と付け加えました。

一方、シュワブ社のライバルであるFidelity社は、既にビットコイン取引および保管サービスを提供しています。

また、RIAbizのレポートによると、マージンの購入とショートを可能にする準備を進めており、ERC-20ベースのトークンをサポートするEthereumウォレットを構築し、顧客への暗号通貨に関するサービスを先に提供しています。

 

Charles Schwab dismisses crypto, saying it is ‘purely speculative’
Charles Schwab, the biggest investment brokerage firm in the U.S. with .2 trillion in assets under management, has dismissed cryptocurrencies. Schwab rival Fi...