米国大手取引所Coinbase 証券化された仮想通貨の取り扱いへ

ニュース

証券会社3社を買収


アメリカのサンフランシスコをベースにしている世界有数のCoinbaseが、
米国証券取引委員会(SEC)と金融業規制機構(FINRA)から証券化された仮想通貨の取り扱いを承認され、有価証券としての仮想通貨の取り扱いに注目が集まっています。

買収した証券会社はKeystone Capital Corp、Venovate Marketplace Inc、Digital Wealth LLCです。

 

取引所Coinbaseとは


サンフランシスコを拠点とする取引所で、ユーザー数は1300万人以上いる世界有数の取引所です。

2016年には、三菱東京UFJ銀行が出資をしており、2018年6月に日本進出するというニュースが出たばかりです。

今後、日本人にも馴染みのある取引所になる可能性があります。

また、先日、Cardano(ADA)、Basic Attention Token(BAT)、Stellar Lumens(XLM)、Zcash(ZEC)、0x (ZRX)の5つの新しい通貨を取引リストへ追加することを検討していることを発表しました。