ロシアで仮想通貨ダークマーケットが急増

ニュース

今後の仮想通貨の取り扱いと交換方法とは


ロシア当局は仮想通貨を定義し、それを禁止するか、規制するか、無視するかを決めることに苦労しているが、多くの人が仮想通貨のダークマーケット市場でビットコインやその他の仮想通貨を毎日何百万ドルも売買しています。

仮想通貨取引は違法とはみなされていないだけでなく、それらの方法も規制されていません。法律では、仮想通貨を購入することや商品やサービスの支払いをを禁じていないため、たちが悪いです。

資産に余裕があり、それらを仮想通貨に変えたい場合は、プライバシーを守れてるP2Pのプラットフォームや、映画などでみられる秘密の場所で得ることができます。

 

P2P交換プラットフォーム


仮想通貨取引のための最も普及しているP2Pプラットフォームはヘルシンキに拠点を置くLocalbitcoinであり、1日平均取引量は約1000BTCです。

手続きは簡単です。売り手と連絡を取って価格を取り決め、仮想通貨と現金を交換します。シンプルで簡単で匿名なため、個人情報は必要ありません。

また、税務当局も取引者らを追いかけることはできません。しかし、この方法には強盗などのリスクがあるため、危険です。

 

P2P交換所


P2P交換所は通常、保証と詐欺の防止を提供するので、より安全な選択肢と考えられています。モスクワには、有料で交換サービスを提供するいくつかの交換所があります。

現金を持参し、仮想通貨と交換するだけであり、他に必要な書類はありません。

 

ストリートマネー交換


これは、最も危険な方法です。

ショッピングモールやフリーマーケットに行って、仮想通貨を取り扱う「人」を探さなければなりません。

財務監視部のユリ・ポルパノフ氏によると、ショッピングモール「Sadovod」、「フード・シティ」、「モスクワ」は、モスクワの仮想通貨キャッシュ・フローの最大規模で、推定通貨換算で6,000億ルーブルであり、これはLocalBitcoins売上高の4倍です。

 

規制の準備


ロシア中央銀行は、これらの仮想通貨取引の流れは不明で違法であり、税務当局、カスタムサービス、または中央銀行には見えないものであるとみなしています。

立法者は、10月1日までに法的枠組みを準備し、ロシア市民が仮想通貨を交換できるようにすると約束し、仮想通貨市場の整備を進めていくことになります。