マルタ:仮想通貨の法律は2018年11月1日に施行

ニュース

新しい規制のタイミング


マルタ政府は、マルタブロックチェーンサミットに先立って、仮想通貨とブロックチェーンに関する規制を制定し、ブロックチェーンによるイノベーションのグローバルハブになるという目標に向かって動き出しています。

世界中のその他の地域は、仮想通貨とICOに取り締まりまたは様子見で採用していますが、地中海の島国と欧州連合(EU)では、インターネットの次に誕生する大きな発明であり、我々の日々を混乱させる新しい産業を取り巻く環境を良くするための規制を構築しています。

7月、マルタ政府は、仮想通貨とブロックチェーン業界の規制枠組みに関する3つの法案を承認しました。

マルタ金融サービス庁(MFSA)とマルタのデジタルイノベーション庁(MDIA)との協議後、政府が発表したその待望の仮想金融資産法(VFA)と革新的な技術の取り決めとサービス法(ITAS)は2018年11月1日より施行されます。

VFAは、財務経歴を開示する必要性を含むICOプロジェクトの手順と要件を設定する一方で、ITASはブロックチェーンと仮想通貨規制の立法基盤を提供します。

マルタで開催されるブロックチェーンサミットのエマーン・プリスCEOは、

「規制のタイミングとブロックチェーンサミット開催が完全に一致することを喜んでいる。我々は常にマルタをブロックチェーンとDLTのための主要な管轄にするために、国レベルで意識的な努力を支援するためにここにいると言ってきました。私たちは、マルタブロックチェーンサミットは、この業界のエコシステムのためのショーケースとなり、立法前面にマルタ政府の努力を正当化することを期待しています。これは、ステークホルダーとそのイベントに出席する5000人の代表者にとって素晴らしい機会です。」

と述べています。

https://cryptovest.com/news/maltese-cryptocurrency-law-is-set-to-take-effect-on-november-1-2018/