仮想通貨 国内取引のレバレッジは最大4倍へ

ニュース

日本仮想通貨交換業協会 レバレッジ取引に自主規制


24日、日本仮想通貨交換業協会は投資家保護のために、投資家が担保に預けた資金の何倍もの金額で取引ができる証拠金取引について、これまでは上限が無制限でしたが証拠金の4倍を上限とする自主ルールを設ける方向で調整に入ったことがわかりました。

仮想通貨は値動きの変動が激しく、上限が無制限の証拠金取引では多額の損失を被る可能性があるとして、4倍という上限を設けることでその可能性を防ぐ狙いがあります。

同協会に参加する仮想通貨交換業者16社の合意を得て、月内にも決める方針です。

時事通信によると、店頭外国為替証拠金取引(店頭FX取引)の証拠金倍率の上限は現在25倍であり、仮想通貨取引の証拠金倍率を4倍以内に抑えた場合、顧客離れが懸念されるため、交換業者が倍率を独自に設定できる経過措置も講じ、自主ルールの策定から1年以内に4倍以内への一本化を検討するようです。

ほかにも、証拠金倍率を独自に設定した仮想通貨交換業者は、顧客が担保として預けた金額を上回る損失が生じた場合、同協会に報告するように義務付け、システムの安全対策や広告、インサイダー取引などに関するルールも定めたのち、金融庁に自主規制団体の認定を申請する方針です。

 

仮想通貨、証拠金倍率4倍以内=業界団体、自主ルールで推奨へ:時事ドットコム
 日本仮想通貨交換業協会は24日、投資家が担保に預けた資金の何倍もの金額で取引ができる「証拠金取引」について、現在は上限が無制限の倍率を証拠金の4倍以内とするよう推奨する自主ルールを設ける方向で調整に入った。仮想通貨の急激な価格変動で投資家が多額の損失を被るのを防ぐ狙いがある。同協会に参加する仮想通貨交換業者の同意を得...