過去2年間のハッキング被害総額は10億ドル相当か

ニュース

ロシアのサイバーセキュリティ会社は、ハッカーが約2年間で仮想通貨交換所から8億8,200万ドルを盗んだという報告を発表しました。

 

交換所のセキュリティの脆弱性


グループIBであるモスクワに本拠を置くサイバーセキュリティ会社は、ハッカーが仮想通貨交換所から最大8億8200万ドルまで盗んだことを明らかにしました。

グループIBはまた、2019年にこの数字が増加する可能性があると述べました。

これは、Lazarus、MoneyTaker、Cobaltなどの優秀なハッカーが仮想通貨交換所やICOを標的にしていることが予想されているからです。

同社は、ハッカーが仮想通貨交換所を攻撃するためにさまざまな方法を見つけ出していると付け加えました。

そのテクニックには、フィッシング詐欺メールやマルウェアのインストールが含まれています。

さらに、攻撃にはICOを立ち上げる仮想通貨会社も含まれていました。サイバーセキュリティ業界は、2017年2月から2018年9月までの間に、ハッカーがICOの10%を盗んだと指摘しました。

同社の調査によると、2017年2月から2018年9月末までの攻撃の集計が、5百万ドルから5億3400万ドルになり、総額は8億8200万ドルになりました。

また、CryptTrace、米国の仮想通貨とブロックチェーンソリューションプロバイダーは、そのような盗難が10億ドルに近いと言っている同様のレポートを発行しました。

CipherTraceによると、仮想通貨盗難は2018年に天文学的に増加しました。

 

仮想通貨交換所のハッキング


2018年は多くの仮想通貨交換所の苦しい年でした。仮想通貨取引の匿名性と適切なセキュリティの欠如により、ハッカーは仮想通貨業界に容易に浸透し続けています。

1月に仮想通貨交換所であるCoincheckがハッカーに約5億2300万のNEMを奪われました。

韓国に拠点を置くもう一つの仮想通貨交換所プラットフォームCoinrailもサイバー攻撃を経験しました。

Bithumbによると、ハッカーたちは3,000万ドルの暗号侵害を盗みました。

日本の仮想通貨交換所であるZaifは、ハッカーが5,996BTC、未公開のMONAとBCHを盗んだと発表しました。

アジアの仮想通貨交換所プラットフォームは、日本と韓国が大きなシェアを獲得している最悪の打撃を受けています。

日本FSAは、投資家の資金が安全であることを確保するための措置をとっています。 1月に、FSAはハッキングに続いてCoincheckに事業改善命令を出しました。

JVCEAはまた、消費者所有の仮想通貨保有の管理とセキュリティを強化しようと努めています。

Russian Cybersecurity Firm Says Hackers Have Stolen 2 Million From Cryptocurrency Exchanges in Almost Two Years - Ethereum World News
A Russian cybersecurity firm released report revealing that hackers have stolen more than 0 million from cryptocurrency exchange platforms.