ベネズエラ:大手デパートチェーンが仮想通貨決済を採用

ニュース

信頼が失われる法定通貨


ベネズエラの人々は、ますます困難な経済状況に対処することを余儀なくされています。

これにより、多くの人が仮想通貨の必要性を実感し、政府発行の法定通貨に対する信頼が失われています。

これはベネズエラの大手百貨店チェーンがなぜ仮想通貨を採用するのかを証明しているかもしれません。

仮想通貨決済を採用するデパート


トラキは、30年以上にわたってベネズエラで営業しているデパートの大規模チェーンです。

ファッションから食品、調理器具まであらゆるものを販売している、全国の多くの主要都市に49支店を展開しています。

同社は少なくとも10月からデジタル資産との取引を開始し、ビットコイン、ビットコインキャッシュ、ダッシュ、イーサリアム、ライトコインを含む多くの人気のある仮想通貨で支払いを受け付けています。

経済の悪化が仮想通貨を引き上げる


ベネズエラの経済は、石油輸出による収入の減少により悪化した政府の政策に大きく起因しています。

国際通貨基金(IMF)の最近のデータによると、同国のインフレ率は2018年末までに100万パーセントにを超えると予想され、消費者物価指数は2019年にさらに1,000万パーセント上昇すると予測されていつのです。

このように経済がどんどん悪化していく状況のにおいて、政府が発行する法定通貨への信頼よりも、仮想通貨への信頼が大きくなり、仮想通貨へ資産を移行する国民が増えることによって、仮想通貨決済を採用する店舗が多くなることが予想されます。

Major Venezuelan Department Store Chain Accepts Cryptocurrency - Bitcoin News
The people of Venezuela have been forced to cope with an increasingly difficult economic situation in recent years. This has led to a loss of trust in