ドバイ:政府承認ブロックチェーンプラットフォームを開始

ニュース

決済システムをブロックチェーン管理に移行


スマートドバイとIBMは、アラブ首長国連邦(UAE)のサービスとして政府が承認した最初のブロックチェーンプラットフォームであるドバイ・ブロックチェーン・プラットフォームを立ち上げました。

このプラットフォームは、政府のブロックチェーンプロジェクトに使用され、民間部門、組織が、テストと開発から完全生産まで拡張できるブロックチェーン技術にアクセスできるようにし、ドバイ政府の情報セキュリティ規制(ISR)に準拠したプラットフォーム上でUAEにデータが存在することを保証することを目的としています。

IBMは、ブロックチェーンサービスを提供するために、UAEにIBM Cloud環境を構築すると述べました。

このプラットフォームはIBMのメインフレーム技術であるLinuxONE上で動作し、1日に62億件以上のWebトランザクションを実行できます。


スマート・ドバイ事務局長(SDO)のAisha Bint Butti Bin Bishr博士は

「高度なハイテク産業に豊かな洞察力と専門知識をもたらすドバイ・ブロックチェーン・プラットフォームは、私たちの使命を前進させ、1つの統一されたポータルから街のすべてのブロックチェーンアプリケーションに電力を供給することができます。」

と述べました。

9月23日に正式に開始されたドバイ・ペイ・ブロックチェーン決済・調整システムは、ドバイ・ブロックチェーン・プラットフォームに移行する最初のプロジェクトの1つになります。

このサービスを通じて、他の政府機関、銀行、金融機関との支払いを調整し、決済するまでに約45日間エンティティを利用していたプロセスが、リアルタイムに縮小されました。

スマトラ・ドバイ政府設立(SDG)のCEOであるウェザム・ルータ氏は、

「ドバイは未来の業界の世界的リーダーになる道を続けているため、ブロックチェーンの技術は、個人の日常生活だけでなく、日常的な取り組みも含まれます。」

と述べています。

「ブロックチェーンは2019年までに数十億の市場になるように着実に進んでおり、スマート・ドバイでは、最新の”ドバイ・ペイ・ブロックチェーン決済と調整システム”の最新技術が成功裏に導入され、金融からの摩擦を排除しました。今日のドバイ・ブロックチェーン・プラットフォームの立ち上げに伴い、市民の日々の生活にブロックチェーン技術を活用したサービスと体験を実装するための一歩近づくだろう」

とルータ氏は付け加えました。

 

政府・民間のあらゆる情報をブロックチェーンで管理


IBMはドバイ政府の正式なブロックチェーン戦略パートナーです。

スマート・ドバイは、ブロックチェーン上で適用されるすべての政府取引を実行し、ドバイを都市全体のブロックチェーン実装のためのグローバル基準にすることを目指しています。

IBMの中東とパキスタンのゼネラルマネジャーであるAmr Refaat氏は、この新しいサービスは、企業がブロックチェーン技術を採用するためのシンプルで低コストな方法の需要を満たすのに役立つと語っています。

「民間部門と公共部門がブロックチェーンを探索し、試作や概念の証明を超えて生産に移行するにつれて、サービスとしてのブロックチェーンの需要が高まっているため、ブロックチェーンの操作の複雑さを気にする必要がなくなります。プラットフォームの統合、パッチ、セキュリティ、運用面を担当し、コアビジネスに集中することができます」

とRefaat氏は述べています。

また、民間企業や政府機関は、ドバイ政府独自のセキュリティ基準に準拠しながら、ブロックチェーンのテストと開発を本格的な導入に移行することも可能になります。

さらに、

「ブロックチェーンは、政府機関や企業間で信頼性と透明性を強化し、コラボレーションの効率化を支援します。新しいIBM ブロックチェーンベースのサービスにより、企業はデータを国内に保管し、ローカルでトランザクションを実行できます。」

と述べました。

 

Smart Dubai and IBM launch blockchain-as-a-service platform - ITP.net
Dubai Blockchain Platform will offer UAE-hosted, security-compliant blockchain service for all.