エストニア:仮想通貨規制を強化する新しい改正案を追加

ニュース

仮想通貨規制を強化


エストニアの財務省は、新たに金融法案の改正案を追加することで、仮想通貨に関連する規制を強化します。

米国の金融監督局は、暗号化通信に関連するサービスを提供する企業がマネーロンダリングのリスクを負うことを指摘し、新たな改正案を追加しました。

マネーロンダリング防止法とテロ資金調達防止法の新版が発効され、「仮想通貨支払いサービスプロバイダ」と「仮想通貨交換サービスプロバイダ」に向けられています。

 

 

欧州連合の基準に適合


この法案は、マネーロンダリングを防止するための欧州連合(EU)の基準に沿ったものとされています。

同省の「第4回マネーロンダリング防止指令」は、「リスクベースのアプローチをさらに推進することで、強化された、より柔軟な体制を構築する」ことを求められ、指令は、すべての加盟国が、法人および法人組織の有益な所有者を詳述する中央レジストリの情報を保持しなければならないことを命令しています。

 

 

仮想通貨の世界で目立つエストニア


エストニアは業界に優しい規制を採択する上での議員の関心のため、急速に仮想通貨関連事業の拠点となっています。

法律事務所のニコライ・デムチュク(Nikolay Demchuk)法律事務所は、仮想通貨関連サービスの提供に関心のある人々にとってを承認を得ることが簡単なプロセスであると示唆していることを指摘しています。

さらに、国のFinancial Intelligence Unit(FIU)は、申請の見直しを30日間要請しているが、通常は約2週間ほどで事業の承認を得ています。

エストニアの技術革新とオープン化の評判のために申請したB2BX取引所は、プレスリリースを通じて、11月中旬にFIUの規制ライセンスの承認を得たこと発表しました。

Estonia: New Amendments Set To Tighten Up Cryptocurrency Regulation | CryptoGlobe
Estonia’s Ministry of Finance is planning on adding amendments to newly-passed legislation that will strengthen regulations related to cryptocurrency. A new ver...