Ethereum(イーサリアム)とは

仮想通貨の種類

 

最近よくネットやテレビで耳にするビットコインという言葉。しかしそのビットコインに次ぐ有名な仮想通貨「Ethereum(イーサリアム)」を皆さんご存知でしょうか?

現在イーサリアムの時価総額はビットコインに次いで第2位となっており、将来性も抜群と言われています。

今回の記事ではそんなイーサリアムについて紹介して行こうと思います。

イーサリアムとは

イーサリアムについて勘違いしている人が多いので説明しておくと、

イーサリアムは「仮想通貨の名称」ではなく「イーサリアムプロジェクト」という新しい試みを実現するための計画・組織があるのですが、その計画のために必要な技術として提供されているアプリケーションやソフトウェアなどのプラットフォームの総称のことなのです。

このイーサリアムプロジェクトにて使用される仮想通貨のことを「ether(イーサー)(ETH)」と呼ばれているのです。

 

イーサリアムの誕生

イーサリアムは、2013年にヴィタリック・ブテリンというロシア人の青年によって開発された仮想通貨です。開発者のヴィタリックはなんと、当時19歳という若さでイーサリアムを開発しました。ヴィタリックは現在もイーサリアムの開発チームの中心に関わっており、オミセゴー(OMG)などの他の仮想通貨プロジェクトのアドバイザーとしても活動しているため、名前だけでも覚えておくとよいでしょう。

また、イーサリアムというのは上記でも説明しましたがプラットフォームの名前で、そのトークンの名前がEther(イーサ、ETH)です。

ビットコインが純粋に決済や送金を目的とした仮想通貨であるのに対し、イーサリアムは「スマートコントラクト」という技術を備えており、スマートコントラクトを利用した分散型アプリケーション(dApps)のプラットフォームとして作られた仮想通貨なのです。

イーサリアムの特徴

イーサリアム(ethereum)には2つの主な特徴が存在します。

*分散型アプリケーション形成のプラットフォーム
*スマートコントラクト

分散型のアプリケーション形成のプラットフォーム

イーサリアムのブロックチェーンを使用することで、分散型アプリケーションを形成することができるのが、イーサリアムの特徴です。

※分散型アプリケーションとは何なのでしょうか。

分散型アプリケーション『Dapps(Decentralized Applications)』は、

  • 誰でも自由に使用できる
  • 中央管理者が存在しなくても、自律的に動作する
  • ブロックチェーンで、データを管理する
  • 仕様の変更が、ユーザーの合意のもとで行われる

簡潔にいうと、分散型アプリケーションとは、中央集権的な組織が存在せず、誰でも自由に使用できるアプリケーションのことなのです。

スマートコントラクト

イーサリアムのスマートコントラクトとは、契約の自動化を行うことの出来る機能です。

自動販売機では、お金を入れてボタンを押せば飲み物は自動的に購入できます。その飲み物が提供されるときに人の手は介していません。 すなわち『十分なお金をいれボタンを押せば飲み物が手に入る』という契約が人を仲介せずに自動で実行されているのです。

上記の例のような感覚で、契約を自動的に実行して保存してくれる優れものなのです。ビットコインの場合は送金履歴しかブロックチェーンに書き込みませんが、イーサリアムは、取引で行われた全ての契約内容が、ブロックチェーンに書き込まれます。

お金と重要な書類の受け渡しも同時に行えるのが、スマートコントラクトです。世界中の誰もがいつでも内容を精査し、監査することができます。

そのため、将来的に公証役場がいらなくなるかも可能性も考えられます。

このスマートコントラクトの技術は、法務局にもなることも出来ると考えられています。

また、ビットコインで利用されているブロックチェーンを応用することで、本来の通貨としての目的とは別の機能を持たせようという考え方がイーサリアムのプロジェクトです。

イーサリアムから、派生してできた仮想通貨リップルやそして、リスク通貨などをビットコイン2.0と呼んでいます。このビットコイン2.0がイーサリアムのスマートコントラクトを使い、企業間取引や銀行、株取引を将来的に変えていく可能性があります。

上記のことをまとめると、イーサリアムの特徴であるスマートコントラクトにより、

契約条件、備行内容、将来発生するプロセスなどをブロックチェーン上に記録することが可能になります。

そして、スマートコントラクトによって、第三者を介さずに、相手が条件を満たしたらプログラムが自動的に契約を実行してくれます。まだ、スマートコントラクトの研究が始まったばかり、可能性は未知数にあります。

イーサリアムの将来性

イーサリアムを利用した便利なアプリケーションは次々と誕生しております。その度に話題を呼び投資家は注目します。

ICOでは多くの団体がイーサリアムを利用したアプリケーションを発表しており、大企業もイーサリアムを利用したプロジェクトの開発を着々と進めているようです。そのため今後もイーサリアムには注目が集まる事が考えられます。

  • まだ開発途中のためアップデート予定があり
  • ICOの資金調達にイーサリアムが使われている
  • 世界的にも有名な大企業がスマートコントラクトに大注目している

上記のポイントなどを考えてみても素晴らしい可能性を秘めているのでイーサリアムの今後は非常に期待できるでしょう。

イーサリアムの購入方法

<イーサリアムを購入できる取引所一覧>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

取引所を開設したら早速イーサリアムを購入してみましょう!

仮想通貨の事を簡単に調べただけでも、数多くの仮想通貨があることに驚くことでしょう。
どのような仮想通貨があるのか、その特徴と有利・不利な点は何か、わかりやすく解説します。