Facebookが仮想通貨の広告を再開することで考えられる可能性とは

ニュース

Facebook 仮想通貨の広告規制を緩和を発表


27日、Facebookが仮想通貨の広告掲示の禁止から規制を緩和することを発表しました。

今年1月に仮想通貨の誤解を招く欺瞞的広告が利用者に被害を及ぼしかねないとして、ICO、バイナリーオプションなどの金融商品にあたる広告を禁止にしていました。

しかし、Facebookのような大企業がこのような禁止をすることで仮想通貨の成長を妨げる可能性があるとして批判を受けていました。

今回の広告掲示条件としては、同社から許可を受けた仮想通貨とその関連商品のみ広告を掲示でき、依然としてICO、バイナリーオプションの広告は禁止されたままです。

 

Facebook is reversing its ban on cryptocurrency ads 
Facebook is reversing the broad ban on cryptocurrency advertising that it instituted in January. 

 

線引きし始められる仮想通貨関連の広告


今回にのFacebookの発表で、同社の厳正な審査を経て広告を許可されることで、今までの詐欺紛いの広告はなくなることが考えられます。

そのことにより、業界全体では、信頼のある通貨やプロジェクトのみ残り、それら以外のもの淘汰されていくことになります。

GoogleやTwitterでも仮想通貨関連の広告の規制がされていますが、この流れに追従していく可能性もあります。