フランス、仮想通貨マイニング業者の電力料金を引き下げへ

ニュース
2人のフランスの議員は、フランスの仮想通貨業界の環境を変えようとする提案をしています。アイデアの1つに、仮想通貨マイニング会社が優先的な電気料金を利用できるようにすることです。

 

独自のマイニング工場の所有が必須


Jean-Michel Mis議員は、フランスはマイニング会社にその国で事業を運営する上での条件を提供すべきだと、話しています。

彼は、マイニングの権利集中が、中国と米国の大手企業に大きな利益をもたらすため、世界中でマイニング事業を配分すべきだと考えています。

フランスは、エネルギー需要を満たすためにコスト効率の高い原子力発電に大きく依存しています。

同国の総発電量の約70%を占めるのは、ほぼ60基の原子炉です。

Statistaがまとめたデータによると、フランスの電力料金は、2018年にキロワット時に平均0.19ドルとなり、他の多くのヨーロッパ諸国よりも安いです。

 

ブロックチェーン産業の構築に5億ユーロ


2人の議員は、報告書の発表中に、フランスは「ブロックチェーン列車に乗り遅れてはならない」と警告しました。

彼らは2022年まで、フランス政府に5億ユーロ(5億6,800万ドル)をブロックチェーン産業の構築のサポートとして資金を配分することを促しています。

Laure de LaRaudière議員は、パリの当局が全分野の国家戦略を策定すべきだと考えています。

報告書には20件の提案が含まれ、欧州中央銀行またはフランス銀行のいずれかが発行した「デジタル通貨のテスト」を推奨していることが明らかになりました。

Jean-Michel Mis議員によると、2019年はブロックチェーンの年になり、 「10年前に誕生した技術は、実験段階から工業化に移行しています。一般市民は、日々の生活に影響を与える用途の出現を目の当たりにするだろう」と述べています。

過去数カ月間、フランスは仮想通貨経済への姿勢を徐々に方向性に変えてきました。

9月、フランスのICOのガイドラインを設定する法律を可決しました。

先月、国会の財務委員会は、仮想通貨の売り上げに対するキャピタルゲイン税は36.2%から30%にする2019年の予算改正を支持しています。

https://news.bitcoin.com/french-lawmakers-propose-lower-electricity-rates-for-cryptocurrency-miners/?utm_source=OneSignal%20Push&utm_medium=notification&utm_campaign=Push%20Notifications