フランス、仮想通貨に優遇税制改正案を却下

ニュース
フランスの国会は、仮想通貨コーチングトレーダーとユーザーの税金を引き下げることを目的としたいくつかの税制改正を拒否しています。拒否された修正案の中には、キャピタルゲインとロス、仮想通貨税免除に関するものがあります。

 

拒否された改正案


フランスの国会は、仮想通貨の交換業者とユーザーに利益をもたらすように設計された多数の税制改正案を却下しました。

却下された提案の1つは、年間免税額が305ユーロ(347ドル)から3,000ユーロまたは5,000ユーロに増加することです。

国会は、有価証券に課税される方法と比べて、「3000ユーロまたは5000ユーロへの増加は特に過大と思われる」と述べ、「305ユーロはすでにかなり有利だ」と考えています。

支持を得ていない別の改正案は、現在の制度の下での証券と同じ基準・条件で、キャピタルゲインに課税されるものでした。

 

30%の均等税


いくつかの修正案は拒否されているが、提案されている30%の仮想通貨取引の均等税は、検討された提案の一部ではありません。

現在、暗号資産には36.2%の課税があり、これは19%の所得税と17.2%の社会保証負担です。

国会では、「単純で法的な確実性から、一律の税率が正式に歓迎されている」と述べられました。

https://news.bitcoin.com/france-rejects-cryptocurrency-friendly-tax-amendments/