ドイツ、ビットコインやブロックチェーンを積極的に導入

ニュース

ドイツの動き

 

暗号通貨、ブロックチェーンに関して、日本、アメリカがそれらの採用について先進している印象があり、ドイツの環境は遅れがちだと思われている人もいるかと思いますが、ドイツ国内でのビットコインとブロックチェーンの採用はこれまで以上にホットな話題となっています。

ドイツはヨーロッパで最大の経済を誇り、世界でも最大の経済を誇っています。

彼らはブロックチェーン技術を非常に採用しており、技術革命を起こすためにすでに多くの大企業がブロックチェーンを最大限に活用しています。

これはヨーロッパの他の国々にも影響を与えているようです。

 

ビットコイン採用が熱い

 

ビットコインとブロックチェーンの採用が現在ドイツで注目されているという事実は、彼らの前向きな思考の国民にかかっています。

最近の報告によると、この国の18〜29歳の大部分はすでにビットコインの購入に積極的な関心を持っています。

「ドイツ消費者センターが実施した調査では、暗号通貨への関心が高まっており、4分の1以上の若いドイツ人が暗号通貨に投資する意思があると述べています。スマートフォン、インターネット、ソーシャルメディアによって生活が特徴付けられている人口統計学が、暗号通貨が価値を移転するためのインスタントで分散化された手段として提供する魅力的な機能を見ていることは驚くべきことではありません。」

ドイツの大手企業がブロックチェーン技術を使用しているという事実と結び付けてください。

この業界が国内の一般人口にどれだけの影響を与えているかは明らかです。

その良い例が、最近ブロックチェーン技術のより広い意味を模索しているドイツの大手自動車メーカー、ポルシェです。

「自動車業界の幹部は、サプライチェーン管理を合理化するために、安全で追跡可能な取引というブロックチェーンの約束を頼りにしていると述べています。具体的には、ポルシェは自動車の駐車、自動車の施錠および開錠、そして会社の自動車の従業員への貸し出しを容易にするためのブロックチェーンアプリケーションを開発してきました。」

このようにドイツも、世界的に暗号通貨やブロックチェーンを積極的に採用している国となっています。

日本、アメリカ以外にも先進的な採用をしている国は他にもあり、世界中で革新が起こっています。

https://cryptodaily.co.uk/2019/02/germany-are-leading-the-way-for-bitcoin-adoption