GMOコインの使用方法について

取引所

 

現在かなり人気が出てきた仮想通貨ですが、仮想通貨を始めるには取引所を開設しなければなりません。そんな中密かにシェアを伸ばしている仮想通貨取引所があります。

 

それが今回紹介するGMOコインです。

 

GMOコインは取引手数料が無料で、独自のスマホアプリ「ビットレ君」をはじめとした取引ツールも充実しています。今回はそんなGMOコインの使用方法を紹介していきます。

 

 

入出金について

 

日本円の入金方法について

 

仮想通貨を購入するにはまず口座に日本円を入金しなければいけません。

 

サイトの左側に表示されているサイドバーに「入出金」という項目があり、その中の「日本円」をクリックして下さい。

 

GMOコインに日本円の入金をする方法は下記の二つになります。

*銀行振込
*ペイジー

どちらも手数料は無料となっていますが振込手数料だけはかかってしまいます。

楽天銀行やSBI銀行、ペイジーに対応している銀行ではすぐ入金が可能となっています。

 

 

上記の銀行やペイジー以外で振り込みたい方は即時入金ではなく「振込入金」を選択してましょう。そうすると上記の画面のように「振込入金先銀行口座情報」が表示されるので、その指定された口座に日本円を入金しましょう。

日本円の出金方法について

 

日本円を出金する場合も入金と流れはほぼ同じで、画面左側の「入出金」の項目から「出金」を選択します。そうすると上記の画面が表示されるので、出金したい金額を赤く塗りつぶされている所に入力して出金確認画面へ進み、手続きが済めば出金申請は完了となります。

 

日本円の出金申請をするには下記のポイントに気を付けて下さい。

*受付時間帯 18:00〜翌17:00

*最低金額 10,000円/回(全額出金の場合、出金額に制限はありません)

*最高金額 1,000万円/日

*所要時間 翌〜翌々金融機関営業日

 

 

仮想通貨の入金方法について

 

仮想通貨の入金はサイドバーの入出金の項目から「仮想通貨」を選択してGMOコインに入金したい通貨を選びます。(今回はビットコインでやってみます。)

 

通貨を選ぶと、入金用のビットコインアドレスとQRコードが表示されます。

表示されたアドレスに他の口座やウォレットからビットコインを送金するとGMOコインの口座残高に反映されます。

この時に注意しなければいけないのは異なった通貨をアドレスに送金してしまうと、その送金した通貨は二度と戻ってきませんので送金する前には何度か確認してから送金しましょう。

 

仮想通貨の出金方法について

 

入金する時と同じように入出金の中の「仮想通貨」を選択して下さい。

そのあと出金したい通貨を選択し、「送付」をクリックすると上記の画像のような表示になります。宛先を登録していなかった場合は入力して追加して下さい。

 

入力しなければいけない必須項目は

 

*宛先

*出金する仮想通貨の枚数

*二段階認証コード

 

の3つです。上記の項目を埋めたら「確認画面へ」をクリックして下さい。これで出金手続きは終了です。

取引方法

 

現物取引の仕方について

 

画面左側に表示されている「トレード」の項目の「仮想通貨現物売買」を選択すると上記の画面が表示されます。GMOコインは、画面をみてもわかるようにとても簡単に仮想通貨売買が出来ます。

 

売買したい仮想通貨を選択したら購入したい金額、枚数を入力して「購入」か「売却」ボタンを押すだけで売買が成立します。

初心者でもわかりやすい画面構成になっていますし、手続きもとても簡単です。

 

FXの仕方について

 

 

 

画面左側の「トレード」の中にある「仮想通貨FX」から「レバレッジ取引(BTCFX)」を選択します。

 

 

その次に画面上部にある「新規注文」を選択して下さい。そのあとは注文タイプを選択しますが、「成行」「指値」「IFD」「OCO」「IFD-OCO」と5種類の注文方法が存在します。
しかし基本的には「成行」「指値」などしか使用しないため、他の注文方法は気にしなくて良いでしょう

それぞれ簡単に説明すると、

成行

 

成行注文は買う銘柄だけを決めておき、買い値は相場の成り行きにまかせる注文です。 注文をした時点の金額で銘柄を売買します。

指値

 

指値注文は事前に買い値を設定して注文する方法です。設定した買い値以下での売り注文がなければ取引が成立しないこともあり、成立までに時間がかかることもあります

逆指値

逆指値注文は指定した条件より価格が高くなったら「買い」、安くなったら「売り」の注文が自動的に行われます。

IFD

新規注文でのみ選択できます。 新規注文と同時に、その新規注文が成立した際に、初めて有効になる注文をセットで出すことが出来ます。

OCO

注文の際に、異なる2種類の指値注文を同時に出しておき、いずれか一方が成立したらもう片方が自動的にキャンセルされる便利な注文方法です。

IFD-OCO

IFDとOCOを組み合わせた注文方法で、IFDと同様に新規注文でのみできる注文方法です。
使いこなすのは難しいので無暗に使用するのはやめておきましょう。

 

まとめ

 

以上でGMOコインの使用方法は終わりです。取引口座の使い方は大体わかったと思います。

 

仮想通貨用FXアプリ「ビットレ君」に関しては保有通貨や注文履歴の一覧、建玉等も手軽に確認することが出来ます。

移動平均線やMACDなどのテクニカル分析ツールも導入されているためチャート分析をしながら取引が出来るため非常に優秀なアプリなのです。

 

ビットレ君もうまく活用してGMOコインで稼げるように頑張りましょう!