Google: 10月に仮想通貨に関する広告を緩和

ニュース

広告禁止から公開の流れ


2018年に、多くの大手企業が仮想通貨の広告を禁止する動きがありました。

グローバル規制に沿って、Google、Twitter、Facebookなどの企業は、仮想通貨の広告、仮想通貨サービス、ICO、さらには仮想通貨に関するニュースなど、仮想通貨に関する様々な形式の広告を禁止しています。

Facebookは規制ルールを緩和し、ネットワーク内でいくつかの広告を掲載できるようになりました。

そして、Googleは同様の手順を取り、仮想通貨広告の緩和を準備しているようです。

これらの禁止は、詐欺や偽のICOを含む不正な仮想通貨の動きからユーザーを保護するために導入されました。

Facebook、Google、Twitterなどのコミュニティの意見に耳を傾ける訳ではなく、単に即座禁止を実装して、多くのソーシャルメディアで話題となりました。

現在、FacebookはICOの広告とは別に、すべての仮想通貨広告を許可しています。

宣伝するために、正当性を証明し、仮想通貨企業はFacebookの許可を得る必要があり、この手順をGoogleも取ることになります。

アルファベットグーグルは、米国と日本で規制されている特定の仮想通貨取引所の広告を許可し、すべての仮想通貨広告を緩和することができます。

この変更は2018年10月に行われる予定で、広告主がGoogleの許可を受ける必要があります。

 

これは何を意味するのか?


これらの広告緩和の流れは良いニュースです。

Googleが禁止を発表したとき、市場はひどく反応し、ビットコイン価格は約10%減少し、SNSなどの地域社会はやや疎外感を感じていました。

これらの禁止は、仮想通貨関係者が望むものとは逆に、仮想通貨を主流から遠ざけていることを意味しました。

Googleがいくつかの形式の仮想通貨広告を公開しているということは、Googleが仮想通貨自体を調査し始めているということです。

広告は米国と日本でのみ公開されますが、間もなく、世界中の規制された仮想通貨広告を許可し始めるでしょう。

https://cryptodaily.co.uk/2018/09/google-move-to-change-ban-on-bitcoin-advertising/