香港、仮想通貨規制を強化

ニュース

監査が厳しくなる香港


香港は証券先物事務監察委員会(SFC)の監督下で取引所やトレーダーなどの関連会社を設立する計画で、暗号通貨に関する規制を強化する予定です。

すべての暗号通貨関連商業活動が効果的に禁止されている中国本土よりも、デジタル通貨に対する規制が厳しくなっている香港は、ICO市場として繁栄しています。

しかし、詐欺やマネー・ロンダリングに対する懸念が高まっているため、規制当局は行動を促しています。

SFCのガイドラインによれば、投資資金は、管理する資産の10%以上がビットコインまたは他の暗号通貨で構成されている場合にはライセンスを取得する必要があり、プロダクト投資家にのみ関連商品を販売することが許可されます。

自主的な制度の下で、取引所はライセンスを求めるかどうかを決定する前に、仮想通貨の商品やサービスを「規制の枠組みの中」で一時的にテストすることができます。

段階的に実施される予定の規制は、企業がSFCの要件を満たすトークンに対してのみICOを発行できることを意味し、例えば、トークンは少なくとも12ヶ月間存在していなければなりません。

 

今後の市場規制事情


2月、SFCは、投資家からの苦情を受け取った7つの現地取引所に警告文を送付し、一部の取引所は、資産の不正流用または市場操作の罪で告訴されました。

3月、委員会はBlack Cell TechnologyにICOを中止するよう命じ、不正な宣伝活動を実施するように会社に命じました。

その中で、香港の行動は成長傾向を反映しています。 20の主要経済国のグループは、マネーロンダリングに対する世界的な戦いの一環として、暗号通貨資産を規制する方法を検討しています。

大和総研の研究室長は、中国本土と密接に結びついた金融センターとして、香港は取引のための身元確認を求めるなどの措置を講じており、規制のコストは高くなるだろう、と彼は警告しました。

「SFCイニシアチブの要件は、一部の事業者にとって負担になるかもしれない」と同地域の法律事務所を管理しているティモシー・ロー氏は述べています。市場の現在のシェアを維持するために、新しい枠組みに参加しないことを決定する人もいます。

取引コストが上昇すると、機関投資家が市場に参入するのを妨げる恐れがあり、その存在が安定化するのを助けることが期待されます。

反論は、規制が厳しくなると長期的に投資家の信頼が高まる可能性があるということです。

Hong Kong to tighten cryptocurrency rules
Digital coins to come under SFC oversight