IBMと海運大手Maerskがブロックチェーンベースののコンテナ追跡サービスを発表

ニュース

貿易プラットフォーム TradeLensを発表

 

IBMと海運大手のMaerskによると、世界各地にある数千万の輸送用コンテナを管理、追跡するために、企業、貨物船業者、港湾関係者、税関、銀行、物流会社など、94を超える組織が、両社の国際貿易プラットフォーム「TradeLens」に参画中、もしくは加わる計画であるといいます。

このプラットフォームは、Hyperledger Fabric上に構築され、海運業界向けに設計された世界的な貿易デジタル化プラットフォームの構築を目指しています。

すでにPSAシンガポールとロッテルダム港を含む20以上の港湾オペレーターとターミナルオペレーターがTradeLensを活用しています。

このプラットフォームでは、船舶やコンテナのゲートイン到着時刻や通関手続き、商業請求書、船荷証券などの文書を含む、15400万件以上の出荷イベントを処理し、1日あたり100万件近くのイベントで増加しています。

デジタル化されたプロセスは、不正行為やミスを減らし、製品が輸送および出荷プロセスに費やす時間を短縮し、在庫管理を改善し、最終的には廃棄物とコストを削減することを目的として設計されています。

 

Blockchain-based container tracking service
IBM and Maersk are looking to sign up partners for their blockchain-based container-tracking service TradeLens. The companies say they have signed 92 organ