中国工商銀行、ブロックチェーン技術開発に重点を置く

ニュース

ブロックチェーンの恩恵を受ける中国


中国
最大の銀行で、5千社以上の企業と5億3000万人の個人顧客を抱えている中国工商銀行(ICBC)は、ブロックチェーン技術開発に重点を置くことを発表しました。

ICBCの会長が、金融機関はこれからクラウドコンピューティング、人工知能(AI)、ブロックチェーン技術、およびIoT(Internet of Things)の革新に重点を置き、開発を進めていくことになるだろうと述べています。

その理由としては、銀行はスマートバンキングアプリケーションの構築をすることで、サービスの向上、データ保護のセキュリティ向上の目的などが挙げられます。

中国は、仮想通貨に対しては厳しい姿勢を取っていますが、ブロックチェーン技術は国を発展させる技術とみなし、開発に積極的な姿勢を取っており、今回のICBCの発表もその一つでしょう。