ICOについて

中級者になろう

 

仮想通貨について調べてみると、一度は耳にしたことがある「ICO」という言葉。

実際のところ理解している人は少ないと思います。その他にも

 

「ICOってなんなの?」

「IPOとは何が違うの?」

「ICOメリットって何かあるの?」

 

など疑問を抱いてる方のために今回の記事ではICOについて紹介していきたいと思います。

 

ICOとは

 

一般の企業が行うIPO(新規株式公開)とは異なり仮想通貨を利用した資金調達方法です。

資金調達したい企業・プロジェクトチームは、そのプロジェクト内容を発表し、世界中の投資家から独自に発行する仮想通貨(トークン)を購入してもらうことで、資金の調達を行います。

 

そこで、株式をやられている方などは知っている方もいるとは思いますが、

IPO(新規株式公開)との違いを簡単に説明します。

 

IPOでは、株主総会での議決権や配当を受けられる権利があります。また、証券会社が幹事として株を売り出し、監査があるのが特徴ですが、ICOは新規公開株でいう証券会社のような幹事が存在していませんし、その上場するにあたり、厳正な審査やコストなどもかかりません。そのため、誰でもICOでプロジェクトを発表し資金調達を行うことが可能なのです。

 

もちろん、そこにはメリット・デメリットが存在するので、説明していきたいと思います。

 

ICOのメリット

 

ICOの発行者は先述した通り、厳しい監査がなく、資金調達ができるという点があります。資金調達が成功し、取引所に上場され、価値が上昇するとプロジェクトの認知も拡大し、大きな成功を手に入れることになるでしょう。

 

ICOの参加者は、購入後に、そのプロジェクトが注目され、上場後にトークンの価値が上昇することで、保有資産が増え、大きなリターンを得ることができます。また、あるプロジェクトに投資した理由として、そのサービスや商品に将来性や利用価値があると感じ、購入される方も多いと思いますので、保有していることで、開発されたサービス等も享受することも出来ます。

 

デメリット

 

ICOの発行者は、プロジェクトを発表し、実際に資金調達を開始した時点で、責任が伴います。投資家は、プロジェクトに期待をして参加されます。発行者は彼らの期待に応えながら、プロジェクトの開発を進め、結果を出すことが求められます。例えば、プロジェクトが頓挫してしまった場合には計り知れない責任が生じることになるでしょう。

 

ICOの参加者は、参加したプロジェクトが実際に開発されていることを確認することは難しいということです。過去には、あるプロジェクトチームが資金調達をして、その資金を持ち逃げするICO詐欺も多くありました。そのようなリスクを理解しながら、プロジェクトのチームや内容をご自身で調査し投資しなければなりません。また、上場後に購入したトークンが大きな利益を生む保証はありません。中には、半分以下の価値になることも可能性としては大いにあり得ます。参加する際は、余裕を持った資金で行うことをおすすめします。

 

ICO後の価格動向

 

TenX(PAY)の場合

 

  • ICO時期:2017/06/24
  • ICO調達金額:約65億円
  • ICO価格:1 PAY=75円
  • 最高価格:1 PAY=約600円 (+800%)
  • 現在価格:1 PAY=約197円 (+262%) (2018/03/05)

 

 

 

プロジェクト内容

TenXはビットコインやイーサリアムなど複数の通貨で支払いができ、為替手数料が無料というデビットカードです。約65億円という多額の資金を調達しました。上場後の最高価格は約8倍まで上昇しました。

 

Status(SNT)の場合

 

  • ICO時期:2017/06/20
  • ICO調達金額:約90億円
  • ICO価格:1 SNT=約3円
  • 最高価格:1 SNT=約68円 (+2266%)
  • 現在価格:1 SNT=約17円 (+566%) (2018/03/05)

 

プロジェクト内容

 

イーサリアムのスケーラビリティー問題を解消するプロジェクトとして人気を集め、簡単に言うとWeChatやLINEのようなサービスで、完全に分散化されたアプリケーション(DAppsとも呼ばれる)の完全な新しいエコシステムが開発を目的としたプロジェクトです。

上場後の最高価格は約22倍まで上昇しました。

 

まとめ

 

このように、ICOで資産を増やすことを期待している投資家もいると思いますが、これらは非常に優良なICOであり、全てのICOが同じような成功を収めるわけではありません。

 

ICOという資金調達方法は画期的なものであり、これからも様々なプロジェクトが発表され、ICOを行うチームが多く出てくることが予想されますが、その中からご自身で自信を持つことができ、万が一期待通りの結果にならない場合でも、納得できるプロジェクトに投資することが重要です。

 

基本を学んだら自分が仮想通貨に求めることが見えてきたことでしょう。
ここでは初心者が仮想通貨を知る上で気になるワードを解説し、仕組みなどを学ぶことができます。