インド:詐欺を働いた”キャッシュコイン”ギャングを逮捕

ニュース

ギャングの詐欺方法

 

ムンバイの警察は、推定10億ルピー(約1,400万ドル)の規模の暗号通貨詐欺に関与したとされるギャングを逮捕しました。

ギャングは”Cashcoin”と呼ばれる暗号通貨を発行して投資家に売却することで、彼らのお金を2倍にすることを約束し、資金を調達していました。

この詐欺に関連して4人が逮捕されましたが、警察は依然として5人目の容疑者Ashok Goyalを捜しています。

 

暗号通貨の環境

 

この詐欺は、政府が暗号規制の枠組みを考え出すのに時間がかかり、デジタル資産が違法であったインドでさえも、暗号詐欺は成功する可能性があることを示しています。

インドの暗号通貨の環境は敵対的です。

中央政府と州政府は暗号ビジネスの取り締まりを続けていますが、当局は投資家に暗号通貨への投資を警告し続けてきました。

インドの銀行は、国内での暗号通貨交換サービスの提供をやめています。

このような性質と規模の詐欺は、公衆に暗号通貨のさらなる警戒を強いる危険性があります。

しかし、インドでは暗号通貨の採用が正しい方向に進んでいるという証拠があり、その暗号コミュニティは、「積極的な規制」と銀行禁止のロールバックのためにソーシャルメディアでキャンペーンしています。

そして、最高裁判所はその国の中央銀行による暗号通貨禁止に対する嘆願を聞くことになっています。

これらの動きは、13.4億人の人々の利益のために、世界第7位の経済が暗号通貨の受け入れをすることを願っています。