イラン、自国のブロックチェーン技術の支援を表明

ニュース

ブロックチェーンが経済を改善


イランの経営開発担当副責任者、Alireza Daliri氏が、ブロックチェーンプラットフォームの開発と使用に関する政府の支援を公表しました。

Daliri氏は、科学技術副社長を代表して、ブロックチェーン技術の公的および私的な両方の実施に対する省庁の関心を述べました。

現在考慮されているイニシアチブには、ブロックチェーン技術が政府の官僚制プロセスを短縮するための利用、「タクシーアプリ」、および民間部門への一般的な援助が含まれています。

Daliri氏は、「デジタルアイデンティティ」と「ブロックチェーンベースの中央銀行デジタル通貨」は、政府が重点を置く重要な領域であると強調しています。

 

政府発行の仮想通貨の計画


Daliri氏のコメントは詳細には疎であるが、イランは、国家支援の仮想通貨を開発して使用するというコミットメントについて、最終的に陳述しています。

イランは現在、ベルギーに本拠を置くSWIFT金融メッセージングシステムをはじめとする、米国が支援する経済制裁の対象となっています。

SWIFTは「世界の金融ネットワークの一部」であり、世界の11,0​​00の金融機関を結びつけているため、除外されることは衰弱を意味しています。

SWIFTは、米国の圧力に屈し、イランの銀行へのサービスをブロックしました。

バイナンス、BitMEX、Bittrexの数々の仮想通貨交換所は、自発的に制裁措置を認め、イランのユーザーにサービスを停止しました。

https://www.cryptoglobe.com/latest/2018/12/iran-minister-indicates-support-for-blockchain-both-public-and-private-uses/