英国のイラン学生がビットコインによって米国制裁を回避する

ニュース

授業料を支払えないイラン人学生


イランに対する米国の制裁により、西アジア諸国の世界経済回廊が縮小しました。

そしてこの進行中の政治事故の最新の犠牲者は生徒です。

英国の何百人ものイラン人学生が銀行業務を拒否されています。

その結果、彼らは授業料を含む支払いが滞っています。

例えば、リーディング大学の法学部の学生である23歳の学生は、イランに行って現金で払うか、退学処分を命じられました。

 

ビットコインを選ぶ学生


グローバルな視点からの解決策が出てこない中で、学生は現在、イランに関するトランプ大統領の制裁を迂回する積極的な措置を講ずらなければなりません。

IranWire.comのマジアール・バハリ編集長は、多くのイラン人学生が、世界経済の抵抗を回避するための有益な支払いツールと考えられるビットコインのような仮想通貨を使い始めたと語っています。

イラン出身の学生の親は、イランの取引所でビットコインを購入し、子供に送金することでおさめようとしていますが、イランは主に仮想通貨に反対しており、その使用を完全に禁止しているのです。

禁止解除がない限り、親は教育資金を補うためにビットコインを購入していることは、自身を危険な身に置いている状況となっています。

Iranian Students in UK Choose Bitcoin to Circumvent US Sanctions
The US sanctions against Iran have cut the global economic corridors for the Western Asian country. And the latest victims of this ongoing political mishap are ...