ケニア政府:住宅プロジェクトにブロックチェーン技術の導入

ニュース

ブロックチェーン技術を活用した住宅プロジェクトを開発


ケニアのニュースメディアThe Starによると、ケニア政府は50万戸の新しい手頃な住宅プロジェクトにブロックチェーン技術を使用する予定です。

配分されたブロックチェーン技術は、住宅プロジェクトの配分と資金管理に対応し、安価な住宅が参加者に適切に配分されるように設計されます。

政府は2022年までにこれらの戸を建設することを目指しています。

住居と都市開発チャールズ・ヒンガ首相は、ナイロビで世界銀行と話しながら、「ケニアはブロックチャーン技術を利用して正当な所有者が政府出資の住宅プロジェクトに住むことを保証する」と述べました。

この動きにより、政府は、このプロジェクトから7,800万ドル盗まれて逮捕された汚職事件によって傷ついた住宅イニシアチブに対する国民の信頼を再確立することを目指しています。

ナショナル・ハウジング・ファンドは、財政法2018のもとでスキームを調達します。ケニアの従業員は、雇用主と合致する給与の1.5%を提供します。

ケニアの10万ドルシリング未満または992ドルを稼ぐ寄付者は、住宅ローンを買う余裕がないので、政府の支援を得ることとなるでしょう。

このファンドは、月に60億シリングを調達し、年間で550億シリングとなります。

その国は、100万戸の住宅を建設するために3.2兆シリングを必要としていると言われています。

パトリック・ノルゴーグ中央銀行総裁は、仮想通貨に対する継続的な警告にもかかわらず、サービス提供の改善のためのブロックチェーン技術の使用を認めたと伝えられています。

Kenyan Govt's Housing Project To Implement Blockchain Technology
The government of Kenya plans to use blockchain technology in its new affordable housing project of 500,000 units, according to Kenyan news outlet The Star. The...