Litecoin(ライトコイン)とは

仮想通貨の種類

 

現在、数千種類を超える暗号通貨(仮想通貨)が誕生していますが、今回はその中から密かに注目されて人気が出てきているライトコイン(Litecoin)を紹介していこうと思います。

 

Litecoinとは

 

ライトコインはビットコインに比べて決済スピードも速く、実際に使われるために実用性に重きを置いている仮想通貨です。

 

ビットコインよりも発行枚数が多いので、ビットコインのように高騰しにくく、使いやすい通貨になっています。

ライトコインはビットコインよりも承認スピードが速く、ビットコインが10分に対して、ライトコインは、承認時間が2分半と4倍もスピードが速く実用性があります。

 

また、ビットコインのマイニングより電力が抑えられ、採掘コストが安いのも魅力的です。

したがって、マイナーからの評価が高い通貨であります。ライトコインは、Segwit をいち早く導入した暗号通貨なのです。

 

Litecoin(ライトコイン)基本情報

*通貨名 Litecoin(ライトコイン)
*通貨コード LTC
*発行上限 8400万枚
*承認時間 約2分半
*半減期 840,000ブロック毎(ビットコインの4倍)
*コンセンサスアルゴリズム プルーフ・オブ・ワーク
*開発団体・人物 Charlie Lee

 

Litecoinの誕生

 

Litecoin(ライトコイン)は2011年10月07日、元Googleエンジニアである

チャーリー・リー(Charlie Lee)によってGitHub上にリリースされた仮想通貨で、

基本的にはビットコインと同じ仕組みになります。

 

ビットコインに比べて決済スピードも速く、実際に使われるために実用性に重きを置いています。ビットコインと同じく世界中どこでも利用することが出来ます。

 

ライトコインはビットコインの次に誕生した仮想通貨で、ビットコインのプログラムを元に設計・開発されています。ビットコインと同じように「P2P(ピアツーピア)」により管理されていて、中央集権型ではないという特徴を持っています。

 

Litecoinの特徴

 

Litecoinの特徴は以下の4つとなります。

 

*取引スピードがめちゃくちゃ早い
*マイニングの難易度
*発行量が多い
*決済を目的とした通貨

 

取引スピードがめちゃくちゃ早い

 

ビットコインに比べてもライトコインは「決済スピード」が非常に早いのが特徴です。

分かりやすく言うと、取引が完了するまでに要する時間のことです。

 

ビットコインの決済スピードを改良した仮想通貨「ライトコイン」はブロックチェーンに記録されるまでの時間が、約2,5分で完了することができます。ビットコインの決済スピードは約10分なので、ライトコインの取引スピードはその4分の1ということになります。驚異的なスピードです。

 

ライトコインの方がビットコインより取引スピードが早い理由は、

上記で紹介したように、ライトコインの発行総量は、ビットコインの2,100万枚に対して、約4倍の8,400万枚です。これが、ライトコインの取引スピードが速い理由です。

単純に、発行総量がビットコインの約4倍あるので、トランザクション(取引)の時間は、ビットコインの4倍速に当たる2,5分ということになるのです。

以上のことから、ライトコインは、ビットコインを補完する仮想通貨とも言われています。

 

マイニングにかかる難易度

 

ビットコインのマイニングは膨大な計算を莫大な速さで並列的に演算することが求められます。そのため、ビットコインではマイニングの難易度は高く、莫大な電力と演算能力が必要でした。

 

それに対して、ライトコインはビットコインが採用する「SHA-256」というアルゴリズムではなく「scrypt」というアルゴリズムを採用し、「SHA-256」ではできなかった普通のPCでマイニングに参入することが可能になりました。そのためビットコインのように一部の有力なマイナーが大きな影響や決定権を持つということになりづらく、より非中央集権型の仕組みが整っている通貨だと言えます。

 

なので、一般的な性能のコンピューターでも、ライトコインはマイニングが可能な仮想通貨です。

 

発行量が多い

 

発行通貨枚数はビットコインの4倍で、ビットコインの埋蔵量が2100万枚であるのに対し、ライトコインは8400万枚となっています。そのため、市場に出回る通貨の量も多いため、ビットコインに比べると単位通貨あたりの価格は高くないですが、多くの需要に応えられるため、日常生活での決済や送金などには使いやすいと言われています。

 

決済を目的とした通貨

 

ライトコインの目的は、決済用のコインとして活用されることにあります。

「商品・サービスを購入する」といった、単純な支払いの時に使用してもらうことが一番の役割なのです。ビットコインと同様に、お金の代わりに利用されるのが目的ということです。そういった意味では、イーサリアムやリップルのような「システム・機能」を売りにしている仮想通貨とは大きく異なります。

 

Litecoinの将来性

 

ライトコインはビットコインと非常に似た性質を持っているため、ビットコインに何かあった時に逃避先になりうると考えられます。

 

そしてライトコインは初期のアルトコインという事もあり、非常に多くの保有者がいるため時価総額ランキングも高いです。しかし、Monacoin(モナ-コイン)やDogecoin(ドージコイン)等の取引承認時間が早い仮想通貨も登場してきており、似た特徴を持つ強い仮想通貨が増えてきているので優位性を保つのが難しくなると考えられます。

 

しかし長期的に見てみた場合、下記の3つの強みがあるため信用性を失うことは少ないと考えられます。

 

*ビットコインよりも早い処理速度
*時価総額上位に位置できる通貨としての信用性
*早い段階でのSegwit実装

 

Litecoinの購入方法

 

Litecoin(ライトコイン)が購入できる取引所一覧

 

*bitFlyer

 

*bitbank

 

*Bit Trade

 

 

 

*GMOコイン

 

*コインチェック

 

口座を開設したら早速ライトコインを購入してみましょう!

 

仮想通貨の事を簡単に調べただけでも、数多くの仮想通貨があることに驚くことでしょう。
どのような仮想通貨があるのか、その特徴と有利・不利な点は何か、わかりやすく解説します。