ブラジルマイニング会社にポンジ・スキーム疑惑

ニュース

資金不足の疑い


ポンジ・スキームとして調査されているブラジルのマイニング会社、Minerwordは、投資家に約束した金銭を補うための十分なビットコインがないと主張しています。

Minerworldは、所得と経費を表示するために過去4ヶ月の口座情報を公表するよう求められたとされています。

資金不足が原因となって、影響を受ける投資家の数は5万人を超えています。

 

ポンジ・スキームの可能性


Minerworldは、それがピラミッドスキームであると様々な人々から集中砲火を浴びています。ブラジルの当局者は同社に対する訴訟を起こしています。

Minerworldがポロニエックス取引所でのフィッシング攻撃のために2017年10月に851のビットコインを失ったと主張した後、ポンジ・スキーム疑惑が提起されました。

当局はまた、高い投資収益率と国際旅行や輸入車などの賞品についての情報があるとされているため、同社について疑いをかけています。

CryptoNoticasによれば、Minerworldはピラミッドスキームではなく、MLMビジネスと同様のモデルを持っていると断言しています。

Minerworldはまた、パラグアイ当局から告発され、同国証券委員会は、同社を2017年10月に警告を出されているため、これから調査が進みます。

Brazilian Mining Company Under Investigation, Says It Can’t Pay Investors | CryptoGlobe
Brazilian mining company Minerworld has affirmed it does not have enough Bitcoins to pay back investors who pledged money into the company. Minerworld made the ...