慈善活動の一環としてイーサリアムのマイニングが広がる

ニュース

NBAチームがマイニング事業に参加


米NBAバスケットボールチームのサクラメント・キングスが仮想通貨のマイニングハードウェア会社と提携し、屋内競技場にマイニング装置を設置することを発表しました。

マイニングで得た資金は、”MiningForGood”と呼ばれる奨学事業に充てられるようです。

この事業で得た資金の最初の受給者は、サクラメントの黒人コミュニティの変革を支援するために組織されたコミュニティリーダーのグループであるthe Build. Black. Coalitionです。

サクラメントの黒人団体とは、2018年3月にサクラメントで黒人の若者が非武装だったのにもかかわらず警察官によって射殺されたことを受け、団体の支援を発表しパートナーシップを組んでいます。

The Kings are the world’s first team to mine cryptocurrency. Here’s why they’re doing it
The Sacramento Kings announced Wednesday a community grant program MiningForGood that will deploy cryptocurrency mining machines at Golden 1 Center to raise mon...

 

仮想通貨による慈善活動の増加


ビットコイン、イーサリアムなどの仮想通貨による寄付や慈善活動が増加しています。

その理由として、寄付した後の使用状況などがブロックチェーンによって確認することができることで、慈善団体の透明性が大きく変化します。

寄付による詐欺の問題が多くありましたが、この技術と仮想通貨の普及によって、そのような団体は消えるか、仮想通貨による寄付ができるようなシステムに変わっていくのではないでしょうか。

 

実際にキングスチームのオーナーは

 

「テクノロジーが世界の複雑な問題をテクノロジーによって革新的な解決策を見出すことができる機会が始まり、MiningForGoodを通じて、私たちは次世代の変革者や思想家に、地域社会や世界各地で変化を起こすよう促すことを目指しています」


と述べ、新しい技術(ブロックチェーン技術のような)が世界に革新的な変化をもたらすことを期待しています。