NEM(ネム)とは

仮想通貨の種類

 

最近世間を賑わしている仮想通貨ですが、その中でも最近大きなニュースとなったコインチェックから流出した「NEM」という通貨が注目されています。

 

 

そんなNEM(ネム)を今回紹介していこうと思います。

 

NEMとは

 

NEMは「New Economy Movement(新しい経済運動)」の略で、「ネム」と読みます。ネム自体はプロジェクトの名前で、ブロックチェーンのプラットフォームとしての役割もあります。そのプラットフォーム上でやり取りされる仮想通貨のことを「XEM(ゼム)」と呼びます。

NEMの基本情報

 

*通貨名(通貨単位) NEM(XEM)
*公開日 2015年03月31日
*発行上限枚数 8,999,999,999XEM
*コード XEM
*開発者/開発者組織 Utopianfuture
*承認目安時間 約1分

 

因みにNEMが一躍有名になった歴史的事件がこちら

 

コインチェック事件

 

2018年1月26日、日本の大手仮想通貨取引所「coincheck(コインチェック)」にて、約580億円相当の仮想通貨がハッキングにより盗まれるという大事件が起きました。

 

盗まれたのはNEM(ネム)という仮想通貨です。総数にして約5億XEM(=ネムの通貨単位)、当時のレート換算で約580億円相当という被害額は、仮想通貨史上最高であるどころか、歴史上最大規模の盗難事件になります。

 

NEMの誕生

 

NEMは2015年に公開されたブロックチェーン技術を応用して生まれた技術であり、XEMはNEMをプラットフォームとした仮想通貨です。

 

現在ではNEMとして知られているThe New Economy Movementは、暗号通貨市場に1つのコインを追加するためだけに作られたものではありません。それは未来のコインとなるべく開発されたものなのです。

 

NEMでは、新しい仮想通貨の発行機能、公証機能など、他のプラットフォームでもできる機能も多いものの、取引の承認システムとしてProof of Importance(PoI)という仕組みを採用するなど、独自のものもあります。

 

NEMは他の暗号通貨(ビットコインなど)から得たコンセプトと、ネットワーク理論における学術的研究を統合した暗号通貨です。NEMは分散化、経済的自由、そして機会の平等という原則に基づいて新しい経済を作り上げることによって、個人に力を付与することを目的とした運動として始まったのです。

 

NEMの特徴

 

NEMは他の仮想通貨と違い下記のような特徴があります。

 

*コンセンサスアルゴリズムにPolを採用
*ハーベストという作業が存在する
*ネームスペースとモザイクという仕組みがある
*送金の時にはメッセージを付けなければならない

 

1つずつ説明していきます。

 

コンセンサスアルゴリズムにPoI(プルーフ・オブ・インターポンス)を採用

 

多くの仮想通貨は、そのやり取りの中心となる管理者がいなくても不正できないような仕組みが使われています。

 

例えばビットコインの場合なら

 

【PoW(proof of work/プルーフ・オブ・ワーク)(仕事による証明)】

 

という、たくさん働いた人が取引が正しいか判断する、という仕組みなっています。

 

イーサリアムの場合は

 

【PoS(Proof of Stake/プルーフ・オブ・ステーク)(保持による証明)】

 

という、たくさん保有している人が正しさを判断する仕組みになっています。

 

しかし上記の2つはどちらにもデメリットがあり、ビットコインの方式だと大量の電力を消費するのでエコとは言えません。イーサリアムの方式だと多く保有する人が有利なので、富める人がさらに富む結果になります。

 

そういったものを改善しよう、ということで考えられたのが

 

【PoI(Proof of Importance/プルーフ・オブ・インポータンス)(重要性による証明)】です。

 

プルーフ・オブ・インポータンスとは、「経済的に貢献している人が正しさを判断できる仕組み」。ただ持っているだけでは、経済に貢献しているとは言えないので、一定の額を一定の期間保有し、また一定の額を使っているかどうか、などで総合的に判断されます。

 

この仕組みにより、より多くの人がブロックチェーンの維持に簡単に参加できるようになっています。

 

ハーベストという作業が存在する

 

ビットコインなどで言う「マイナー(採掘者)」は、ネムにおいては「ハーベスト(収穫者)」と呼ばれ、承認する行為は「ハーベスティング」と言われています。

 

ビットコインでいうと承認時間は10分となっていますが、10分ごとにマイニングが行われているのです。鍵を見つけ出した人は報酬としてビットコインをもらえます。これが金を掘り当てる作業に似ているためマイニング(採掘)と呼ばれていますが、

 

一方、NEMではハーべスティング(収穫)と呼ばれています。なぜハーベスティング(収穫)かというと、特に承認作業などをしなくても報酬が得られるからです。採掘作業のようにせっせと作業しなくても作物が勝手に育っていくイメージをもって頂けると分かりやすいでしょう。

 

ハーベスティングを行うには10,000XEM以上を持っているアカウントであれば誰でも行うことが可能です。簡単に言うと、NEMの利用者が取引をする際に手数料を払っているのですが、ハーベスティングによって承認されるとハーベスティングを行った人に報酬(XEM)が受け取れる仕組みです。

 

そしてハーベストには二つの種類が存在しています。

 

ローカルハーベスト

 

ローカルハーベストは自分でハーベストを行う方法の事です。

ローカルハーベストをするためには上記でも説明しましたが既得バランス(Vested Balance)が10,000XEM以上であることが条件となっています。

 

既得バランス(Vested Balance)というのは、NEM公式のNano Walletというウォレットの中に入れてからある程度の期間経過したXEMのことです。

 

この条件を満たした上で常にパソコンをオンラインにしておくと、時々自分に取引の承認権が回ってきて、パソコンがそのための作業を行います。このハーベストは約1分間に一度行われ、取引の承認を行うと、その1分間に行われた取引の手数料をもらうことができます。

 

デリゲートハーベスト

 

デリゲートハーベストは、スーパーノードと呼ばれる特別なノードにハーベストを委任し、報酬の一部をもらうというハーベストのやり方です。仕組みとしてはWaves(ウェーブス)という仮想通貨のLeasing(リーシング)に非常に似ています。

 

もう少し詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。→ハーベストって何?

 

ネームスペースとモザイクという仕組みがある

 

ネム(NEM)には、モザイク(mosaic)と呼ばれる独自トークンを発行する機能があり、このモザイクを発行するために必要なのがネームスペース(namespace)です。

 

例えばネムの独自通貨XEMの場合、ネームスペース=NEM、モザイク=XEMです。

 

ネムを使用する個人や企業は、このネームスペースを取得後、独自のモザイクを発行することが可能です。

 

企業の場合自社が提供するサービスでモザイクを使用可能にするなどのさまざま用途があり、このモザイクを使うことによってICOを行ったりできます。

 

送金の時にはメッセージを付けなければならない

 

NEMは取引所への送金の際にメッセージを必ず付けることになっています。

 

なぜそんなことをしないといけないのでしょうか、それはどのアカウントにNEMを送金するかを識別するために必要だからです。取引所にNEMを送金する際には、「取引所のアドレスの中の、メッセージで指定されたアカウント」に入金が反映されるという仕組みになっています。

 

しかし、ネームスペースを持っていれば、送金の際のメッセージを省略することが可能です。例えば、cryptoというネームスペースを自分の取引所のアドレスに紐付けていたとすれば、取引所に送る際には@cryptoとするだけで、アドレスを入力することなく送金することができます。ネームスペースはモザイクを発行のためだけでなく、アドレスの省略にも使える優れものなのです。

 

NEMの将来性

 

ネムは今非常に注目されている技術であり、プルーフ・オブ・インポータンスというアルゴリズムも、ブロックチェーンにおける問題点を解消するソリューションとして注目されています。XEMの価値自体も、この1カ月で10倍近く値上がりしており、時価総額もぐんぐん上昇しています。

 

今後は、NEMあるいはmijinの技術を本格的に採用する企業が出てくると、そのニュースに反応してどんどんと価値が上がっていくのではないかと思われます。

 

しかし金融機関のインフラとしてはリップルがかなり先を走っていますし、スマートコントラクトではイーサリアムの方が知名度が上で競合がとても強いと感じます。

 

NEMならではの大きな強みを見出せれば、一気に輝きだす仮想通貨ではないでしょうか。

NEMは日本人の仮想通貨投資家でも応援している人が多く、皆に親しまれる通貨ですね。今後も注目です。

 

NEMの購入方法

 

NEMを購入できる取引所一覧

 

*Zaif

 

*Bittrex(ビットレックス)

 

*Poloniex(ポロニエックス)

 

*DMM Bitcoin

 

*コインチェック

 

さっそく口座を開設してNEMを購入してみましょう。

仮想通貨の事を簡単に調べただけでも、数多くの仮想通貨があることに驚くことでしょう。
どのような仮想通貨があるのか、その特徴と有利・不利な点は何か、わかりやすく解説します。