ネバダ州でブロックチェーンによる結婚証明書を許可

ニュース

政府のブロックチェーンプログラム


ネバダ州のWashoeCountyは、ブロックチェーンに保存された結婚証明書など、政府プログラムでのブロックチェーンの使用方法をリードしています。

2018年4月、Washoe Countyはブロックチェーンに保存された最初の結婚証明書を発行しました。

このプログラムは、州内で結婚した人なら誰でも、自分のコンピュータまたはスマートフォンから自分の結婚証明書のデジタル版を表示して送信することを可能にします。

デジタル結婚証明書はEthereumブロックチェーンに保存されています。

ブロックチェーンの結婚証明書を使用している顧客は、受け取るのに7〜10営業日待つ必要はもうありません。

代わりに、彼らの証明書は24時間以内に電子メールで届きます。州当局は、4月から12月上旬にかけて約950人を応対しました。

現在、州は災害記録の場合にデジタル記録回復システムにブロックチェーン技術を使用することを検討しています。

近くの都市であるElko Countyも、出生証明書のデジタルコピーを保存するためにブロックチェーン技術を使用するための試験段階を開始しました。

Wahoe Countyのデジタル結婚証明書の後ろ盾となっている会社、Titan Sealは、「ブロックチェーン技術で認定されたデジタル運転免許証を作成するために、国内のパートナーとなってくれるDMVを積極的に探している」と語っています。

 

新しいプログラムへの反対


この技術への反対は、技術を理解しておらず、デジタル版を印刷してそれを紙の証明書として使用しようと試みているWashoe住民から来ています。

Washoe Countyの部門システム技術者であるHunter Halcombも、約35パーセントの政府機関がデジタル証明書を却下したと同紙に語っています。

最大の反対は車両関連を扱う部局から来ています。

「国境に接する州のDMVは、結婚証明書の詐欺事件が実際に発生しているため、私たちの最大の問題です」とHalcomb氏は言います。

PDF結婚証明書という概念は彼らを本当に悩ませているので、これらのDMVの管理者に(デジタル証明書)が紙よりも安全であると納得させることはできませんでした。

ネバダ州のDMVは、ブロックチェーンベースの結婚証明書を受け入れることを約束していません。

Nevada County Will Now Allow Marriage Certificates on Blockchain | CryptoGlobe
Nevada's WashoeCounty is leading the way for blockchain use in government programs, including marriage certificates saved on a blockchain.