フィリピン規制当局、仮想通貨の新ルール公開へ

ニュース

新ルールの内容とは


フィリピン地元メディアの報道によると、フィリピン証券取引委員会(SEC)は、新しい仮想通貨取引ルールを公開する準備を進めています。

SEC長官エフィーロ・ルイス・アマトン氏は、規制当局が、正確な日付を明記していないにもかかわらず、来週末までにルール草案を公表することを目指していると確認しました。

また、SECとフィリピン中央銀行(BSP)は、仮想通貨交換(VCE)を規制することに合意したことも発表しました。

提案された規定は、ICOが完了していない場合に、ICOの広告、報告義務、および投資資金の返還に関する規定をカバーするものです。

アマトン氏は

「以前は、資金を調達するためにフィリピン証券取引所(PSE)やフィリピン債券取引所(PDEx)のすべてのインフラストラクチャで承認されなければならなかったが、金融技術(fintech)が約束するものは、小規模な会社であってもコストを削減できます」

と述べ

「セキュリティの全過程を経ずに投資家を探す方法がある」

と付け加えました。

証券取引委員会(SEC)によれば、バーチャル通貨の世界的な関心が高まっていることから、仮想通貨取引がフィリピンの取引プラットフォームとして機能することが許されます。

フィリピン・カガヤン州経済特区とフリーポートを支配する当局は、かかる発行を通じて6700万ドルを獲得することを目指しています。

同代理店のシニア副管理者によると、フィリピン・カガヤン州経済特区は元本ライセンスで360,000ドル、通常ライセンスでは85,000ドルを請求しています。

これらの流れは、政府の潜在的な収益源への扉を開くことが期待されています。

Philippines regulators will soon publish crypto trading rules
As per the SEC, cryptocurrency exchanges could be allowed to operate as trading platforms in the Philippines given the growing global interest in virtual curren...