インド人富裕層はビットコイン投資に好印象

ニュース

暗号通貨を知らない富裕層

 

インドの富裕層はデジタル通貨が良い投資であると信じており、他の暗号通貨よりもビットコインに投資する可能性が高いです。

Hurun Indiaの報告書によると、不動産はインドの超富裕層にとって好ましい投資資産ですが、彼らも暗号通貨への投資を検討しています。

Hurunが調査した回答者の約10分の1は、今後3年間でデジタル通貨に投資し、不動産、株式、債券に次ぐ投資先として4番目に好ましい資産になると述べています。

ビットコインには他の通貨よりも多くの支持者がいます。

イーサリアムとリップルがビットコインに続いています。

しかし、インドの裕福な人の半数は、暗号通貨が何であるかを知らないようです。

「回答者のほぼ半数が、暗号通貨についてあまり知らないと言っています。それについて教育を受けた人々の間で、ビットコインへの投資を好む人が29.15%。次の8.74%はイーサリアム、6.80%はリップルに投資したいと考えています」とHurunの報告書は述べています。

 

政府独自通貨を発行

 

インド政府は暗号通貨に対し大いに警戒しており、最近、最高裁判所に専門委員会がインドの私用暗号通貨の完全な禁止を勧告したことを通達しました。

政府はまた、次の議会で暗号通貨と公式デジタル通貨法案の2019年を作成します。

以前、委員会は、政府が独自のデジタルマネーを立ち上げなければならないと述べ、ビットコインをはじめとする暗号通貨に対抗する通貨の発行を検討しています。

 

Rich Indians more likely to buy Bitcoin; think cryptocurrencies are good investments
Following Bitcoin, Indian super-rich is more inclined towards Ethereum and Ripple.