Rise Tokenって何?

cryptoberg

巷で流行っている Rise Tokenとは


2017年に世界中でICOブームが起こり、規制が入り、だんだん減っていくと予想されていましたが、次から次に新しいICOが発表されています。

国内でも、色々なICO情報が出回っています。

その一つにRise Token(ライズトークン XRT) という仮想通貨があります。イーサリアムプラットフォーム上で作られた通貨のようです。しかし、Etherscan上ではXRTという通貨の存在を確認することはできません。なぜなのか…

それでは一体どのような通貨であり、どのようなプロジェクトなのか、どこの母体が開発と運営を行なっているのか説明しましょう。

 

どんな通貨なのか?

Rise Tokenの公式HPhttps://rise-token.com/
ホワイトペーパー無し
ICO時期不明
ハードキャップ不明
ソフトキャップ不明
シンボルティッカーXRT
総発行枚数500,000,000 XRT
売り出し枚数200,000,000 XRT
レート1 XRT =$1.00

 

上記の通り、イーサリアムプラットフォーム上で作成されたトークンです。

ICOの時期が明記されていないため、ICOというわかりやすいセールはないのかもしれないですね。

 

どのようなプロジェクトなのか?


Rev Capital Fund LTD(以下 レブキャピタルファンド)という不動産事業を運営している会社とこのプロジェクトが協力しています。

このレブキャピタルファンドの不動産事業をブロックチェーン技術を利用した分散型のネットワークを構築しようとしています。

ブロックチェーン技術を利用することで、事業の効率が上がります。

そこでRise Tokenが登場します。

正直、プロジェクト内容というよりも、最先端技術でこれからの時代は暗号通貨の成長が凄まじいという謳い文句で、Rise Tokenを介在させ、深く理解できない人間を巻き込んでいるのではないかと思ってしまう…

MLMの報酬プランにRise Tokenが使われています。

 

報酬プラン


配当ボーナス

配当ボーナスはXRTを保有している量に応じて毎月もらます。

1000枚~2999枚: 0.8~1.2%

3000枚~9999枚: 1.2%~2%

1万枚以上: 2.5%~4.5%

紹介ボーナス

紹介者がRise Tokenを購入した場合、ボーナスがもらえます。

この購入量も一口いくらからと決まっています。

1000枚~4万9999枚: 6%

5万枚~9万9999枚: 8%

10万枚~: 10%

ユニボーナス

自分が紹介した人を1段目と考え、その紹介者が紹介し購入した人が1段目と…紹介者がもらったボーナスの一部をもらえる仕組みです。

1~3段: 配当の7%(直紹介1人はここまで)

4~6段: 配当の5%(直紹介2人はここまで)

7~10段: 配当の5%(直紹介3人はここまで)

バイナリーボーナス

左右にチームを作っていくバイナリープランで、少ない方のチームの合計コインの売上の10%もらえます。

XRTの保有数が5万枚未満:1日の最大コミッション付与額は10万XRTの10%

保有数が5万枚以上の場合:1日の最大コミッション付与額は30万XRTの10%

うまく左右にチーム編成をすればいいですね。

タイトルボーナス

バイナリープランで、少ないチームのXRT保有額が規定の条件を達成すると新しいタイトルを貰え、BTCで報酬が入ります。

自身の保有XRT枚数と直紹介人数もタイトル獲得の条件になるので、自身から広がるメンバーをつけるために動いています。

タイトル

ブロンズ: 少ないチームが3万XRT保有、自身で1万XRT保有、直紹介1名で達成、300ドルのボーナス

シルバー: 少ないチームが10万XRT保有、自身で1万XRT保有、直紹介1名で達成、1000ドルのボーナス

ゴールド: 少ないチームが25万XRT保有、自身で1万XRT保有、直紹介1名で達成、3000ドルのボーナス

ルビー: 少ないチームが50万XRT保有、自身で3万XRT保有、直紹介3名で達成、5000ドルのボーナス+ハワイ旅行

エメラルド: 少ないチームが100万XRT保有、自身で3万XRT保有、直紹介5名で達成、1万ドルのボーナス+ロレックス

また、3系列のユニレベルも合わせるとさらなるタイトルとボーナスが入ります。

ダイヤモンド: バイナリーの少ないチームが500万XRT保有、ユニレベルの一番小さい方が75万XRT保有、自身で10万XRT保有、直紹介5人で達成、500万ドルのボーナス+利回り5%を毎月ダイヤモンド達成者で分配

ダブルダイヤモンド: バイナリーの少ないチームが1500万XRT保有、ユニレベルの一番小さい方が250万XRT保有、自身で10万XRT保有、直紹介5人で達成、500万ドルのボーナス+フェラーリ+利回り10%を毎月ダブルダイヤモンド達成者で分配

クラウン: バイナリーの少ないチームが3000万XRT保有、ユニレベルの一番小さい方が500万XRT保有、自身で10万XRT保有、直紹介5人で達成、1億円相当の不動産+利回り10%を毎月クラウン達成者で分配

 

総評


MLMに暗号通貨を利用する意味はそこまでなさないと思ってしまいますが、スマートコントラクトを利用することで配当やルールが効率的に反映されることでしょう。

新規でメンバーになる方は不労所得を目指して活動しているだけで、暗号通貨の本質を理解している人はどのくらいいるのでしょうか。

しかし、ネットワークビジネスの一つとして考えると、非常に頭のいいやり方だと感心する面もあります。

一概にこのMLMは怪しいと言うことはできませんが、このRise Tokenがどこかの取引所に上場して取引ができるようになると保証はしていませんと公言していたので、そこだけを考えると、単にMLMの報酬システムとプランのためだけに利用されるだけだと思います。

新興のMLMはいち早く始めた人や頭のいい人が稼げるビジネスです。

何事も世間の評判より、まずはご自身の目で見たことを優先して始めることが一番です。

ちなみに、このRise Tokenは一年ほど保有したのちであれば、購入した価格と同じ価格で買い取ってくれるようなので、そこは安心ですね!