Safeguard Token ICO評価

ICO評価

Safeguard Token について

Safeguardは、2015年にオランダのアンフィア病院において最初のクライアントとしてヨーロッパの労働安全のコンセプトを再定義し、証明するために設立されたスタートアップ企業です。

彼らは労働安全管理のためのデータ駆動型ソリューションを実現するために、ヨーロッパ最大の多国籍企業と協力してきました。

ブロックチェーン技術を利用した分散型非営利プラットフォームで、組織や個人が利用できる普遍的な安全アプリケーションです。

安全性の観点から事故やけがを様々なシチュエーションをAI、データ化し、起こりうる危険な状況をリアルタイムで予測可能にし、あらゆる物理環境における潜在的に危険な状況が警告され、事故、怪我、死亡または一般的な安全上の脅威を未然に防止することができます。

結果として、人々が毎日直面している安全上の課題を予見し解決することで、安全に生活できる環境を整え、経済の成長に繋がるようなプロジェクトになることを目指します。

ICOの詳細

Safeguard Tokenの公式HPhttps://safeguardtoken.com/
ICO時期2018年7月5日〜7月31日
ハードキャップ10,000,000 EUR
ソフトキャップ2,500,000 EUR
シンボルティッカーSGT
総発行枚数113,400,000 SGT
売り出し枚数75,297,600 SGT

 

トークンセールではNEOのみを受け付けているようです。

売れ残ったトークンは再販されないことも決まっています。

 

プロジェクトチームの印象は?

Ingmar Vroege
CEO

彼らは、ソフトウェアエンジニアリング、ビジネス開発、成長マーケティング、人工知能やブロックチェーンなどの新しい技術の分野で実証済みの経験を持っています。

マーケティング、広報、法務、財務、安全規制、スマートコントラクト開発、サイバーセキュリティなどのそれぞれ経験豊富な専門アドバイザーがサポートしています。

 

総評

人々が不意な事故や、仕事上での傷害を受けることで、経済成長に影響が出ることが判明しています。

それらの中には、AIや最新の技術を使うことによって防ぐことができたであろう事故や傷害はたくさんあります。

Safeguardでそれらが可能になれば、人々が安全に生活すること、経済の成長を向上することができるでしょう。

ブロックチェーン技術とその他の最新技術を掛け合わせて、実現するプロダクトが楽しみです。