給与をビットコインで受け取る生活

ニュース

通貨の基準

 

今年初め、暗号通貨会社のCoinCorner社は、社員がもし望むなら、ポンドやペンスの代わりにビットコインで給与を受け取ることができると決めました。

社員であるザック・レイキンさんはまさにビットコインを選ぶことに決め、会社はビットコインで支払うことを決めました。

ここで偉大な経済学者アダム・スミスの通貨に関する基準をお話します。

彼は、通貨には価値の貯蔵、取引手段、そして会計単位の3つの機能があると話しています。

この基準によると、ビットコインは通貨としての機能は持ちません。

また、昨年、イングランド銀行のマーク・カーニー総裁は、価値の貯蔵庫として、ビットコインは不安定すぎると指摘しました。

ビットコインは現在、1月の価値の3倍、3月の価値の2倍、2017年後半の価値の約半分の価値があります。取引手段として機能することになると、さらに問題があります。

「英国でデビットカードまたはクレジットカードを使用する場合、取引は数秒で完了し、為替レートのリスクはありません。これとは対照的に、ビットコインユーザーは完了するまでに数時間待つ可能性があります。暗号通貨は、せいぜい一部の人々のために限られた範囲で、そしてそれでもユーザーの伝統的な通貨と並行してのみ、お金として機能する」

とイングランド銀行総裁は述べました。

 

生活の変化

 

しかし、暗号通貨のファンと多くの投資家にとって、暗号通貨は絶対的に未来です。

CoinCorner社が社員の給料を暗号通貨で一部またはすべてを支払うことができると言った後、ザックさんはまっすぐに飛び込み、彼の給与の100%を支払うことにしました。

また、マン島に住んでいるソフトウェア開発者は、ビットコインによる給与支払いをうまく管理していると言いました。

「人々は常に私がビットコインでの生活にどのように対処しているのかと尋ねますが、真実は私のライフスタイルが実際に変わっていないということです」と24歳のミラー・マネーさんは語っています。

「暗号通貨で物を買うのは人々が考えるよりも簡単です。今やビットコインを受け入れるオンライン商人が多く、私はそれらを使用して購入し、Amazonの調理器具などの技術関連アイテムなど必要なものも購入しています。もちろん、ビットコインですべてを購入できるわけではありません。現時点では、ビットコインの価格変動に関する問題を回避するために、すべての恒久的な出費(家賃、口座引落しなど)に関しては給料日にビットコインからGBPに交換します。その後、残りは可処分所得/貯蓄のために残しています。」と話しています。

 

通貨になるために

 

しかし、それでも彼が使うのにポンドが必要な場合、彼の現金にアクセスするには数時間かかります。

「やがて、ビットコインの支払いを導入するレストランやガソリンスタンドなどの小売企業が増えてくると思います。これは、ビットコインでより多くのお金を使うことができることを意味しますが、単に物を支払うだけではなく、ビットコイン業界の若い技術者として、独自のノードを実行することでネットワークに貢献するだけでなく、デジタル通貨としての本来の意図でビットコインを実際に使用することが重要だと感じています。何よりも、それが生み出す会話は、ビットコインと暗号通貨についての認識を広め、教育するために常に価値があります。」とザックさんは話しています。

 

Man explains why he chose to take his entire salary in Bitcoin
If not, you need to swap them into standard currencies, which again takes time and costs money.